ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

キラエル公開チャネリング(1)

d0143056_1749224.jpg
キラエル公開チャネリング
(2009年7月アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルにて)

※公開チャネリング開始直前、音響機材が壊れてしまったために公開チャネリング前に流すamazing graceが流せなくなってしまいました。
そのため、会場のかたがたがCDの代わりに自然と歌いはじめました


こんばんは。
とても素晴らしいかたちでわたしをむかえてくださってありがとうございます。
みなさん、歌いたいときはこのように遠慮せずどんどん歌われて下さいね。

みなさん、わたしは必ず日本に行きます。
わたしが日本に伺う時には、わたしが日本について知っていることをたくさんお話しさせて下さい。きっと、みなさんがびっくりする内容がたくさんあると思います。

みなさんのジャーニー(探求の旅:人生)というのは、天国と呼ばれる上の世界であらかじめ約束されていることなのです。
そして、みなさんが再び創造主のもとに還る前、みなさんがまた一同に会する機会があります。

みなさんにこれを伝えなさいと頼まれていることがあります
やがて、みなさんがいまの肉体を去った後は、反対側の世界――ヴェールの向こう側に行きます。
その時の移動の時間というのは数秒です。
あっという間なのです。
ですがその1秒が3、4日、次の1秒が3~4週間、もう少しここにとどまりたいとおもうかもしれません。
ですが、向こう側を知ると一刻も早く向こうがわに還りたいと思うでしょう。


Q: グレートシフト(意識の大転換:アセンション)における日本の役割りとはなんですか?

地球のかたがたがこれから直面する貴重な体験を、宇宙中のさまざまな存在がみています。
そこにはアンドロメダやシリウス、プレアデスなどさまざまです。

アンドロメダにシリウスやプレアデスはこう言いました。
あなたは前にでて大きな敵と戦う必要はないからですから、今いる場所から南側に移動してとどまっていてください。

これは約10万年前の話です。
当時、シリウスとプレアデスの間で起きた大きな戦争を、アンドロメダは参加せず傍観していました。
その間、アンドロメダはたくさんのものを発明しました。
それは現在の私たちがいつも使っているものなのです。
それはとても高度なものでシリウスやプレアデスには理解できない素晴らしいものでした。

それらの乗り物はいまのわたしたちのしっている飛行機のような大きさのとてもパワーのあるものです。
その乗り物は、中にあるレバーをさわることによって、急におおきくなる(サッカースタジアムがすっぽりはいってしまうような大きさ)ものでした。

日本は第2次大戦後、自分の場所を見つけ、たくさんの車やコンピューターをつくりだしました。
シフトを迎える時でも、日本がすべきことは、頭を低くして、争いには加わらず、自分の居場所を確保して、自分たちの得意なテクノロジーを活用していくことに徹することです。

日本は未知の新しい世界では、さまざまな貿易や交易の場所として、とても重要な役割を果たしていきます



Q: グレートシフトに生き残れない人びとはどこへいくのかなるべく具体的に教えて下さい?

まず、その人々のいくところは、私の知っている名前では スターライト424-4 という惑星にいきます。
この地球はかつてスターライト1222224446とよばれていた場所にあります。
みなさんはこのシフトを生き残りますが、そうでないかたはケガもなく、何かに乗せられて、その新しい惑星に行きます。

地球上の約20億人はシフトを生き残ります。
そして残りの約40億人の人々は、地球ではない違う惑星に移ります。
彼らがどこにいくのかみなさんには判らからないでしょう。

そして、みなさんは3日間の暗闇を生き残り、3次元のこの地球という世界に残ります。
そして、グレートシフトの後に来る次の次元に目覚めます。
つまり残った人類は4次元へと移行するのです。


Q: 生き残らなかった人たちは、その後に気づきを得た場合、新しい世界に戻りますか?

戻っては来ません。
とても長くなるので、できるだけ短く説明します。

約40億人の生存していない方々は、なぜ還ってこれないのか。
それはシフト後のこの地球という世界は4次元の世界に移行するからです。
3次元の存在は4次元では存在できないのです。
3日間の暗闇の間、パワーがきりかわります。
南極や北極もポールシフトします。
4次元の世界では空を飛べるようになります。
プラーナ呼吸は4次元世界でおこなうようになります。
そのため還ってこれないのです
ただ、4次元存在のみなさんは、3次元のかたがたのもとを訪れることができます。




わたしにとってアセンションとは、みんなの意識(愛)が大きく広がることです。
そして個人的には、こまかい変化はいまからあまり考えず、いまやることをやっていこうと気持ちです。

キラエルはアセンションをグレート・シフト(意識の大きな転換期)という言葉で表します。
そして、キラエルはアセンションをある期間の中で起こるものと説明し、その正確な日程は地球に住む人間次第という表現を使います。
そしてシフトはすでに起こっており、2012年にさらに大きな展開が起こると説明しています。

以上の内容はとてもファンタジックに聞こえるかもしれません。
キラエルのメッセージを表面の言葉のみを参考にとらえるか
そうでないかは聴き手のみなさんの宇宙次第だとおもいますが
予知的なメッセージを受け取る際に重要なことは、
ネガティブに解釈されたり
ネガティブにとらえないこと
ネガティブに反応しないこと
だと思います。

そして、未来も大事かもしれませんが
一番大事なのは、『いまを生きる』ということではないでしょうか。

生き残るために意識(愛)をひろげようという意識は
かえって意識(愛)を収縮させるとおもいます。
優越意識を感じるために意識(愛)をひろげようとおもうと
その意識は最終的にはすべて自分に返ってくるとおもいます。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-09-13 20:11 | チャネリング・メッセージ
<< エネルギー領域 やさしさ紙芝居 >>