ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

龍族の歴史(黎明期)

d0143056_8535687.jpg
龍族とは、このムーの滅亡後、レムリアの叡智を引き継いで古代の日本を中心に存在した霊的血族です。

地球最初の文明と言われる『レムリア文明』は6次元世界のシリウス人や5次元世界のプレアデス人を中心とするさまざまな宇宙意識体によってつくられ、やがてレムリア文明から、物質世界である3次元世界に『ムー』と『アトランティス』という2つの文明が生まれました。
龍族のこのムーを経由してレムリアからやってjきた集団です。

初期の龍族は、まだ日本列島がアジア大陸と地続きだったころに存在していました。
龍族(当時は誰もそう読んではいませんでしたが)は、高次元存在(5次元存在)のレムリア人に近い3次元存在であったため、多くの人間が驚くような現象を起こしたことから、人間からは半神半人のような扱いを受け、深く敬愛されていました。性別がない両性具有者や食事をしない不食者も多かったようです。
龍族の同族は世界の他の地域にも存在していましたが、それは別の機会に説明させてください。

当時の龍族は阿蘇山麓を中心に暮らしていました。
龍族には7つの系統がありましたが、大きくは3つのグループが存在していました。

ひとつは『銀の衣をまとう者』と呼ばれた集団です。
彼らは龍族でも特に高い波動のエネルギーをあつかう集団でしたが
3次元に存在している間、優越意識というカルマをつくってしまい、後の龍族の消滅に大きく関与します。
そのため『銀の衣をまとう者』の魂は、現在でも優越意識というカルマで学んでいらっしゃる方が多いようです。

彼らは龍族の中でもとくに宇宙の根源と深く繋がっていたため、レムリアの光の叡智を引き継いでいました。そのため彼らは、後に自然龍とレムリアの光の叡智を駆使して龍族の龍をつくりだしました。
根源と繋がりの深さから宇宙全体の情報ともアクセスが上手でした。
そのため、現代風に言うと錬金術や予知や神託(高次元存在とのチャネリング)などが得意でした
とても清浄な存在のため、宇宙の根源との強いつながりを持ち、素晴らしく高い『浄化』能力を持っています。
『銀の衣をまとう者』のすぐれた浄化能力をお持ちのかたは、いるだけで場所や空間を強力に浄化いたします。
龍族は自分たちの集落をこのグループによる結界で守っていました。


ふたつ目のグループは『蒼い衣をまとう者』と呼ばれた存在です。
彼らは女神系の魂の転生者たちのため、とても美しいエネルギーを持っています。そのためとても深い愛を放つことができました。
彼らは強い勇気と深い愛を持っていることから、奉仕過剰になるカルマを強く持ち合わせており、それは今生に転生した方々にも見受けられます。強い自己犠牲もいとわないカルマをお持ちの方が多く、霊障や封印などのカルマが強い傾向があります。
『蒼い衣をまとう者』は、宇宙でも特に神聖なる意識である女神系の魂の転生者のため、とても深い癒しを行っていました。
あらゆるエネルギー体を癒していたことから、霊やネガティブな集合意識への癒しも行えるパワフルな集団でした。天候や地殻変動を起こす能力やヒーリングといった物質に強い影響を与えるワークも得意としていました。
彼らはエネルギーを扱うことにとても長けていたため、龍族の中でも特に大きな勢力でありました。

龍族は、やがて『銀の衣をまとう者』と『蒼い衣をまとう者』の衝突から大きくその数を減らします。
それはまた後ほど説明させてください。


最後のグループは『黄金の衣をまとう者』と呼ばれたグループです。
彼らはとても大きな意識をもつ集団で、天使系の魂の転生者で構成されていました。
この転生者の特徴は『天然』と呼ばれる方が多いと思います。
大きく寛容的な意識が強いので、暗くなった意識を明るく輝かせることが得意です。
3次元で最も重要な学びである『恐れを愛に変える』ことが最も得意な集団でした。
3次元風に説明すると、彼らは『導き』をとても上手に行っていたようです。

この頃の龍族は人間とあまり接触が少なかったですが、天候の操作や病気を癒したりすること、治水工事や土木作業をエネルギーワークでサポートしていたようです。

はじめは自然龍(宇宙の龍エネルギーと日本の地場エネルギーが結びついて生まれた龍)とともに暮らしていた龍族でしたが、より扱いやすくするためにたくさんの改革的な行動を起こしました。
そのひとつが『銀の衣をまとう者』が行ったレムリアを用いての龍族の龍でした
龍族の龍は龍族の分身としての龍でもあるので、自然龍とは違ってとてもつきあいやすかったようです。
エネルギーも龍エネルギー以外のエネルギーを融合させているため、いろいろなエネルギーワークを行えました。
ですから龍族の龍は自然龍とはすこし趣がことなります。
龍族の龍に関して龍であるないの議論をたまに耳にしますが、理由はこのことからだと思います。
ちなみに自然龍もさまざまな種類があるとおもいます。

地球は長いあいだ何度も大きな自然現象を起こし、人間の生活様式や生活習慣を大きく変えてきましたが、その影響が龍族にも与えられました。

生活様式の変化によって考え方も変わった人間は、龍族の叡智に興味を持ち、それを手に入れることを考えました。

あまりにも長いので続きは次回で ^^

余談ですが、韓国ドラマ『太王四神記』にでてくるような大陸系の甲冑に似た武装は、当時の龍族の甲冑にも似ているようです。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-02-18 22:55 | 龍族
<< シグネチャーセル・ヒーリング講... プロセス >>