ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

カテゴリ:チャネリング・メッセージ( 25 )

キラエル公開チャネリング(1)

d0143056_1749224.jpg
キラエル公開チャネリング
(2009年7月アメリカ合衆国ハワイ州ホノルルにて)

※公開チャネリング開始直前、音響機材が壊れてしまったために公開チャネリング前に流すamazing graceが流せなくなってしまいました。
そのため、会場のかたがたがCDの代わりに自然と歌いはじめました


こんばんは。
とても素晴らしいかたちでわたしをむかえてくださってありがとうございます。
みなさん、歌いたいときはこのように遠慮せずどんどん歌われて下さいね。

みなさん、わたしは必ず日本に行きます。
わたしが日本に伺う時には、わたしが日本について知っていることをたくさんお話しさせて下さい。きっと、みなさんがびっくりする内容がたくさんあると思います。

みなさんのジャーニー(探求の旅:人生)というのは、天国と呼ばれる上の世界であらかじめ約束されていることなのです。
そして、みなさんが再び創造主のもとに還る前、みなさんがまた一同に会する機会があります。

みなさんにこれを伝えなさいと頼まれていることがあります
やがて、みなさんがいまの肉体を去った後は、反対側の世界――ヴェールの向こう側に行きます。
その時の移動の時間というのは数秒です。
あっという間なのです。
ですがその1秒が3、4日、次の1秒が3~4週間、もう少しここにとどまりたいとおもうかもしれません。
ですが、向こう側を知ると一刻も早く向こうがわに還りたいと思うでしょう。


Q: グレートシフト(意識の大転換:アセンション)における日本の役割りとはなんですか?

地球のかたがたがこれから直面する貴重な体験を、宇宙中のさまざまな存在がみています。
そこにはアンドロメダやシリウス、プレアデスなどさまざまです。

アンドロメダにシリウスやプレアデスはこう言いました。
あなたは前にでて大きな敵と戦う必要はないからですから、今いる場所から南側に移動してとどまっていてください。

これは約10万年前の話です。
当時、シリウスとプレアデスの間で起きた大きな戦争を、アンドロメダは参加せず傍観していました。
その間、アンドロメダはたくさんのものを発明しました。
それは現在の私たちがいつも使っているものなのです。
それはとても高度なものでシリウスやプレアデスには理解できない素晴らしいものでした。

それらの乗り物はいまのわたしたちのしっている飛行機のような大きさのとてもパワーのあるものです。
その乗り物は、中にあるレバーをさわることによって、急におおきくなる(サッカースタジアムがすっぽりはいってしまうような大きさ)ものでした。

日本は第2次大戦後、自分の場所を見つけ、たくさんの車やコンピューターをつくりだしました。
シフトを迎える時でも、日本がすべきことは、頭を低くして、争いには加わらず、自分の居場所を確保して、自分たちの得意なテクノロジーを活用していくことに徹することです。

日本は未知の新しい世界では、さまざまな貿易や交易の場所として、とても重要な役割を果たしていきます



Q: グレートシフトに生き残れない人びとはどこへいくのかなるべく具体的に教えて下さい?

まず、その人々のいくところは、私の知っている名前では スターライト424-4 という惑星にいきます。
この地球はかつてスターライト1222224446とよばれていた場所にあります。
みなさんはこのシフトを生き残りますが、そうでないかたはケガもなく、何かに乗せられて、その新しい惑星に行きます。

地球上の約20億人はシフトを生き残ります。
そして残りの約40億人の人々は、地球ではない違う惑星に移ります。
彼らがどこにいくのかみなさんには判らからないでしょう。

そして、みなさんは3日間の暗闇を生き残り、3次元のこの地球という世界に残ります。
そして、グレートシフトの後に来る次の次元に目覚めます。
つまり残った人類は4次元へと移行するのです。


Q: 生き残らなかった人たちは、その後に気づきを得た場合、新しい世界に戻りますか?

戻っては来ません。
とても長くなるので、できるだけ短く説明します。

約40億人の生存していない方々は、なぜ還ってこれないのか。
それはシフト後のこの地球という世界は4次元の世界に移行するからです。
3次元の存在は4次元では存在できないのです。
3日間の暗闇の間、パワーがきりかわります。
南極や北極もポールシフトします。
4次元の世界では空を飛べるようになります。
プラーナ呼吸は4次元世界でおこなうようになります。
そのため還ってこれないのです
ただ、4次元存在のみなさんは、3次元のかたがたのもとを訪れることができます。




わたしにとってアセンションとは、みんなの意識(愛)が大きく広がることです。
そして個人的には、こまかい変化はいまからあまり考えず、いまやることをやっていこうと気持ちです。

キラエルはアセンションをグレート・シフト(意識の大きな転換期)という言葉で表します。
そして、キラエルはアセンションをある期間の中で起こるものと説明し、その正確な日程は地球に住む人間次第という表現を使います。
そしてシフトはすでに起こっており、2012年にさらに大きな展開が起こると説明しています。

以上の内容はとてもファンタジックに聞こえるかもしれません。
キラエルのメッセージを表面の言葉のみを参考にとらえるか
そうでないかは聴き手のみなさんの宇宙次第だとおもいますが
予知的なメッセージを受け取る際に重要なことは、
ネガティブに解釈されたり
ネガティブにとらえないこと
ネガティブに反応しないこと
だと思います。

そして、未来も大事かもしれませんが
一番大事なのは、『いまを生きる』ということではないでしょうか。

生き残るために意識(愛)をひろげようという意識は
かえって意識(愛)を収縮させるとおもいます。
優越意識を感じるために意識(愛)をひろげようとおもうと
その意識は最終的にはすべて自分に返ってくるとおもいます。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-09-13 20:11 | チャネリング・メッセージ

4つのボディ・システム

d0143056_1172350.jpg


いつもキラエル・メッセージばかりなので、たまには僕のメッセージも書かせてください^^

『4つのボディシステム』という言葉はスピリチュアルの世界でとても有名なことばですが、どれくらい理解していて、それを実践していくかはとても重要なことに思います。


4つのボディ・システム
SPIRITUAL BODY・・・スピリット体、精神体、霊体などの単語に訳される事があります。
MENTAL BODY・・・・思考体、メンタル体、精神体などの単語に訳される事があります。
EMOTIONAL BODY・・感情体
PHISICAL BODY・・・肉体


スピリット体 (spiritual body)
スピリット体とは自身のコア・エネルギー(中心)であり、自身と宇宙全体の情報をたずさえたとても高大な存在であり、多次元に存在しているものだとおもいます。
ひとことでいうなら、私たちの本質だとおもいます。
たくさんの次元世界――多次元の世界のうちのひとつである3次元世界にあるスピリットのことをわたしは魂と呼びます。

振り子の法則
振り子の法則というものがあります。
糸の先にコインをぶら下げ、左右に揺らしてみて下さい。
例えば、コインを大きく右に振ると、やがてコインは跳ね返って、大きく左に振れます。
大きく振っても小さく跳ね返ってくるという事はないと思います。
振り子を大きく振らしているうちは、ご自分の人生もぶれることに直結するとおもいます。


わたしたちはどれくらい同じ体験をしているのでしょうか?
心が大きく振れてしまうと、いつまでも大きな揺れやブレを体験しなければならないと思います。
ご自分では前に進みたいと思っていても、ご自身のお気持ちや心が揺れ動いているうちは、前進する力は大きくブレてしまい、なかなか前には進めないと思います。
そして、多くのかたはいつも振り子を大きく振って、ご自分の進む方向がブレてしまっているかもしれないとおもうのです。
では、人は何をきっかけに、どのように振り子を振って、ブレを生じるのでしょうか?
これには以下の2つのエネルギー体が関係しているとおもいます。
以下の2つのエネルギー体を2元性(善悪や敵と味方のように、恐れにもとづく判断によって、本来ひとつでありわたしたちを分離・分断・剥離する考え)にもとづいて、活用しない事だとおもいます。



思考体 (mental body)
思考体はスピリット体が3次元世界と波動を合わせるために必要なワッシャーのような役割りをもつエネルギー体です。
思考体をポジティヴに活用した場合、グラウンディングをしっかりとし、着実に目標や目的に向かって進みやすいとおもいますが、ネガティヴに活用した場合は、さまざまな危険性を次々と妄想し、最終的には恐れから何も行動できなくさせてします自己封印のおおきなきっかけにもなるとおもいます。
将来の心配をなさる方や、万が一のときを想定してこうしておこうと考える方は、この例にあてはまるとおもいます。

感情体 (emotional body)
感情体も思考体と同じく、ご自分そのものであるスピリット体が3次元世界に継続的に存在するために、必要なエネルギー体です。
感情体をポジティヴに活用した場合、たくさんの感動や3次元ならではの喜び(荒いけれどもとても強い波動エネルギー)を感じ、とても楽しく3次元世界を過ごせるとおもいます。
ちなみに愛と愛情は別なものと感じます。
愛とはスピリット体から起こるエネルギーであり、
愛情とは感情体からおこるエネルギーだと感じます。

※ただ、宇宙に存在するわたしたち全ては、みんな『愛』によってつくられているので(原材料は愛)、ネガティヴな活用が必要ないという意味ではないとおもいます。
それはそれで一時的に必要なのかもしれません。

感情体がネガティヴに活用されたとき、私たちは感情に振り回されます。情に流されます。

暴力をふるう夫や彼女から別れたいけど別れられない女性や
判っているけどやめられない違法行為の常習者の方、
さまざまな理由から酒やタバコを辞めたいけど、辞めれない方など
例はたくさんあるとおもいます。

正確には、思考体と感情体の両方の活用のしかたが、関係しているとおもいます。
つまり、先ほどあげた例は両方のエネルギー体の不調和やネガティヴな活用によって生まれるでしょう。

肉体 (physical body)
4つのボディ・システムに焦点をあててご自身の生活をスピリチュアル的に発展させようとする際、この肉体の存在を軽視するかたは多いかもしれませんが、それはとても残念なことに感じます。

なぜなら、3次元世界に存在するわたしたちにとって、ご自身のエネルギーの3次元世界の窓口である肉体の存在はとても大きいとおもいます。
具体的に申し上げると、わたしたちは先に申し上げた3つのエネルギー体を変容させたい場合、この肉体によって変容させることがとても重要な意味をなすとおもいます。
肉体はスピリット体が3次元世界の存在するためにつくられたものという意味だけではなく様々な意味があるとおもいます。

全体のエネルギーを変えるには、肉体が勇気を発動し行動することがとても重要だとおもいます。
行動こそがご自身を変える大きなサポートになるとおもいます。
意識を変えたあとは、ぜひ行動なされてください。
それが、ご自身の人生にとても大きな変容へと導くとおもいます。

ご自身の人生をご自身の願うように変える様に望むみなさん
もしくは、地上に生まれてくる前の記憶を気のせいのように覚えていて、なんとなく今のご自身を変える必要があると意味もなくお考えの方は、このことをなにかの参考にしていただければ光栄です<(_ _)>

愛とともに
聖龍



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-09-06 01:18 | チャネリング・メッセージ

超感覚(2)

d0143056_22225371.jpg


前回のキラエル・メッセージの続きです。
チャネラー:カフー・フレッド・スターリング
翻訳:ヒーリング・アシュラム
になります^^

※そろそろキラエルの日本語版HPが完成します♪
まだ途中ですがよろしければご覧になられてくださいね^^
http://kirael.jp/


味覚
五感をマスターするということはどう意味なのでしょうか?
例えば、「嗅覚をどうマスター(制御、支配)すればよいのだろう」
と考えるかたは、チャネラーのカフーに不安とはどんな匂いがするか聞いてみるといいでしょう。
不真実の匂いもきいてみてください。
彼はこういうことをマスター(精通)している人なんです。
みなさんが彼と会話をしていて、彼に事実でないことを告げたとします。
その場合、カフーはそのまま会話をしつづけますが、みなさんがうそをついていることを嗅ぎつけます。
彼は他の4つの感覚を働かして、第六感に変え、
そしてなぜみなさんが真実を曲げたことを彼に告げたのか知るのです。

感覚をマスターすることは、第六感をマスターすることにつながります。
例えばわたしがみなさんに「味覚をマスターしてください」と言えば、意識を3次元だけの領域から離れるようにしてくださいという意味を含みます。
一般的に味覚と言えば、食べたり、飲んだりする時に感じる感覚と思うかもしれませんが、私が言いたいのはワインを口に入れることなく味わうようなことなのです。
もし実際ワインを口に含めば、みなさんは自分の細胞を通してワインを味わうでしょう。
味覚はみなさんの細胞意識と非常に関係するのです。
みなさんは、食事中の一口ごとに、細胞意識へこれから何が起こるか意識的なメッセージを送っているのです。

さあ皆さん、興味があったら私についてきてください。
もしタバコの煙の吸うと、みなさんの身体全体は反発しはじめます。
細胞の意識が、身体全体に異物の侵入があるとサインを送るのです。

あるものを口に入れるとき、「あ、こんなもの食べちゃいけないのに、」などと思ったりします。
そうすると細胞達は「ほらほら皆、彼はやっちゃいけないことまたやってるよ、用意はいいかい」といってるのです。
これは改善する必要があります。
もし身体にいいブロッコリーでも、もし「ブロッコリー嫌いだ」と思いながら食べると、身体全体が「大変、彼はこれが嫌いなんだ」というでしょう。
細胞全体が、食道を通過して胃に入ってくる食物にこのような意識をもって迎えるのです。

細胞意識は、ブロッコリーが胃に到着するあいだ、その事に集中してエネルギーを使います。
せっかく身体にいいものを食べているのに、みなさんたはそれに対して否定的な考えを持ったまま食べています。
身体の中に入るものと、みなさんの意識、この二つはお互い認識しあうのです。
細胞レベルでの意識の重要さにみなさんが気がついているなら、決してこのようなことはしないでしょう。
いつも理にかなっていないことをすると、あらたな苦難を作ってしまうのです。


触覚
触るという感触を例にとって見ましょう。
もしみなさんがカフーの手の甲に触れるとき、みなさんは自分のエネルギーとカフーのエネルギーを一緒にミックスして感じますか?
彼の色、音が振動し、みなさんになぜ彼に触れたか理解させるでしょう。
みなさんの細胞は「ああ、マスターガイド・キラエルのエネルギーを感じるわ」といい、人によってはできるだけ長くその状態を望むかもしれません。
手のひらが直接ふれる握手など人に触れるのは、とても素晴らしいことなのです。
握手よりもっといいのはハグ(抱きしめること)でしょう。

誰かを抱き締める(ハグ)するとき、気が進まない時は無理に行わないほうがいいでしょう。
なぜなら、細胞意識にとってハグとは、愛という粒子を交換しあうことだからです。
これらの粒子はエネルギーを融合し、ハグをしている二人の「インーライテメント(※3)」にどのような影響を与えるか調べます。
そして、このエネルギーがあなたのハグをしている相手の愛の粒子を探し、細胞の記憶しているダンス(幸福感をかんじる心の躍動)を引き起こします。
もしハグをしたくないなら行ないでください。
なぜなら、ダンスをするとローカル・ブレイン(※4)を振動させ、オムニ・ブレイン(※4)にしてしまい、そしてそのオムニ・ブレインが、二つの細胞によって愛が経験されたとして振動します。

「これは誰にでもおこるのですか、それともスピリチュアルな人だけですか」
とみなさんは質問するかもしれませんが、これはすべての人に起こります。
ですから世の中にはあまりハグが好きじゃない人がいます。
ハグは親密な行動です。
マトリックスの世界に住んでいる人は、「ハグなんてセンチで女々しいから好きじゃない」といいます。

ですが全ての「計画」はとてもシンプルなハグのために行われています。
気がふさいでいる時は、おそれることなくハグをしてもらってください。
そして身をまかせてください。
ハグを頼まれた相手が愛の粒子とエネルギーを与え合う伝達者となるからです。
愛の伝達者からのエネルギーがみなさんへ注がれた時、ダンスが始まります。
だからハグをすると気分がよくなるのです。
赤ちゃんはなぜお母さんの胸に抱かれるのが好きかわかりますか。
お母さんが子供に愛をそそいでいるからです。
そして愛を注がれるみなさんは、オムニ・ブレインが働き出しシステムのあらゆるところが活発になり、至福を感じるでしょう。

さあ、もう五感をマスターするという意味がわかってきましたか?
第六感に波長を合わましょう。
そうすればあなたの意識は広がり、もう一つのリアリティ、次元にたどり着くことができ、あなたの世界はあなたが捜し求めていた入り口が開くのです。



※1.エルヴィンとは女神の愛が支配する15次元の社会
※2.レムリア数秘術を参考してください。創造から完成まで1から9まであります。
※3.「光を取り入れる」という意味です。
※4.ローカル・ブレインとは、実際に私たちがいつも使っている、全脳の10%の部分を示します。
オムニ・ブレインは科学者がいう使われていない90%の脳です。
キラエルはその90%またはオムニ・ブレインが第6感へと渡れる情報を持つといいます。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-09-03 23:17 | チャネリング・メッセージ

超感覚(1)

d0143056_136244.jpg


キラエル・メッセージは続きます。
チャネリングはカフー・フレッド・スターリング
対訳はヒーリングアシュラムです。
翻訳サポートのみなさんいつもありがとうございます♪

※そろそろキラエルの日本語版HPが完成します♪
まだ途中ですがよろしければご覧になられてくださいね^^
http://kirael.jp/

超感覚(第六感)
みなさんは人間として生まれてきたことに不平や不満ばかり言っているでしょうか。
もしそうであれば、みなさんが地上に生まれた事は、ご自分で願いでたのだといつか思い出してみてください。

自ら人間になるチャンスを求めただけではなく、それがかなった時のみなさんは光の世界の友人たちに
「やった~!地球にいけるよ♪地球にいけるんだ!地球に行けるなんてとてもラッキーだよ^^」
と吹聴してまわったのです。
みなさんが、ガイドやみなさんを愛するものたちと地球で出会う前、高次元の光の世界にいたみなさんは、今回の地球でのジャーニー(探究の旅:人生)が決まったに
「こんかい地球に行くことになりました。
すべてのレッスンを悟り、そして楽しむつもりです。
そして今回はどんなことがあったえもこの使命を忘れないつもりです。」
と誇らしく言ったのです。

もしガイドが顔というものがもっていたら
「使命を忘れないつもりだ」
と言うみなさんの言葉に微笑むでしょう。
それは、みなさんが地球に生まれた後にこの事を忘れないなんて事は不可能だと知っているからです。
みなさんのお母さんからこの世に生まれたみなさんは、周りを見回し、お医者さんに何か伝えようとするのですが、でてくる言葉は「ウワーン」の一言だけです。
その瞬間でほとんどの人はここに来た使命をを忘れてしまいます。
そして
「いま思い出しました。こんなジャーニーなんかしたくなかったんです」
と、ほとんどのかたは逆のことを思っています。

こうやって多くの人が厚いベールをかぶってしまうのです。


次に、地球でも注目されはじめている、次元という現実についてお話したいと思います。
みなさんが自分がとてもパワフルな光から地球に来たいうことが理解できた時、あまりそれがパワフルなために、みなさんは地球に到着するとヴェールをつけてしまいます。
創造主から離れるというのではなく、違う次元である地球とそのヴェールを分離して感じるのです。


人間としての経験をするあいだは、五感によってとても抑制を受けて生活します。
その間は、五感を超えた第六感を養うことをまったく忘れてしまうのです。
多くの人が私に、「マスターキラエル、第六感とはいったい何ですか」と尋ねます。
第六感は、他の五感が最高潮に達していて、はっきり物が見えたり、耳が音をききつけたり、すべてのものが速く振動したときに体験できるのです。

例えば、3次元の五感だけでエルヴィン(※1)と会話をすることはできません。
五感を使ってエルヴィンを感じていると錯覚はできますが、事実は頭の中で感じているだけなのです。
ときおり五感によって彼らが見えるかもしれませんが、その場合、それらは本物ではないのです。
五感すべてを駆使して最も高い振動まで高めると、この次元の過程に入れるのです。
そして、いったんこの境界線を越えると、もう元にもどることは無いと判ります。

これを、チャネラーやミディアム(霊媒)になりたい友人たちが目指しています。
みなさんが、他の世界がみなさんのすぐそばにあると気がついた時、みなさんは再び元に戻ることのない境地にいたるのです。
この宇宙には、五感では認識できない目に見えないものが存在しているということを知るのです。
そして、もうひとつの世界の存在は、みなさんから遠いところを旅しているのではなく、私たちと同じパワフルで明るい太陽の星のある銀河系の一部なのです。
だから五感を合わせ、レベルを最も高め――そうそれが鍵です――もうひとつの現実を知ることができるのです。 

さて、6という数字にはどのような意味があるでしょうか?
レムリアの数秘術(※2)では、6はマスタリー(精通、制御)を意味します。
すべての感覚をマスタリーすることではないでしょうか。
こう申し上げるとみなさんは
「すべての感覚をですか?」
と聞き返すかもしれませんね。
みなさんは肉体というシステムで地球に存在するのですから、みなさんが感じることができるすべてのシステムだとお答えします。
集中したり、焦点をあてる事ができるのは最初の五つの感覚だけなので、みなさんの創造主や光から離されてしまっているように感じることもあるかもしれませんが、本当はあなたも気がついているようにそんなことはないのです。
これらの五感は地球と呼ばれる惑星系でやっていけるように与えられているだけなのです。


まだまだ続きますよ^^


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-09-02 00:51 | チャネリング・メッセージ

レムリアの予言

d0143056_2363765.jpg


レムリアの予言に関する概論

マスターガイドであるキラエルは、最初の著書、『グレート・シフト (原題 Kirael: The Great Shift)』(1998年)の中で、古代大陸レムリアの様子とその土地で発展する愛にあふれた人々に関する興味のある内容を、幾つか紹介しています。キラエルは、現在も進化を続ける地球に対してレムリアが与える関連性について何年も言及し続けてきました。ごく最近のキラエルは、現在ライトワーカーとして働いている方々のために、すぐにでもレムリアの世界に注目することの大切さを、情熱的に語っています。カフー・フレッド・スターリングとともに、マスターガイドのキラエルは、著書で、レムリアとレムリアの知恵について述べています。

この記事「グレート・シフトというレムリアの遺産」は、本から抜粋したシリーズの最初のものです。

* * *

キラエルより:
もしみなさんが、この本を頭ではなくて心を開いて読めば、この本がみなさんの心をつかむ本だということが理解できるでしょう。ある人は、私が話しているときに、私が歌っていると思うでしょう。またある人は、それはまさに美しい寓話の集まりであると思うでしょう。私がみなさんにお話したいのはこのようなことです。これは古代のお話で、普段使っている言葉が存在しなかった時代のお話です。おそらく、人々が心から会話していた時代のお話です。私達が戻るべき時代かもしれません。そこでみなさんにお願いがあります。ヒーリングでは、私の言葉の中に平和と調和を見つけてください。それでは、ヒーリングを始めましょう。

ご存知のように、現在の世界は癒しが必要な時代なので、私はここにいます。私はここでヒーリングを行います。私はこの場所で、みなさんが考えたこともないような大きな希望があることを教えようと思います。運命や深い悲しみに浸っている人は、しばらく忘れましょう。 すべてのことに対してポジティブになることが必要なのです。 実行しよ
うと思っている計画の中に美しさを発見することが大事です。

みなさんがこの美しいワークに慣れることを願っています。なぜなら、もし、ワークに慣れれば、難しいことを理解させることができます。みなさんはベールに包まれて生活しています、人のベールに包まれて・・・。みなさんは、適切な方法で物事を進めなければならない世界で、生活しています。 物事を進める方法をみなさんに教えるために、私はここにい
ます。今の時代は新鮮で印象的な次元です。今は、旅を始めて、その旅を最後まで信じ続ける時なのです。

それで、もし、みなさんが旅をするならば、少しの間、何もしないで休んでください。大きく深く息をしてください。この本から私の言葉を感じてください。
理由は簡単です。
本を執筆することは、私の人生なのです。地球という飛行機からメッセージを送ることは、私の人生なのです。しかし、すべての中で最も重要なのは、私が送るメッセージの純粋さを上手に聞いて理解することです。聞き方によっては、私のメッセージが簡単にも複雑にも思えます。みなさんが、かつて存在した時代を知り、生きる道を発見することを願っています。

そのような理由で、私達はレムリアの予言と呼ばれるものを行なうのです。この予言は、今まで人類が到達し得なかった最高のグレート・シフト(意識の大転換:アセンション)です。みなさんは、より良いフィーリングや深い理解、さらなる自覚が得られることがお分かりでしょう。そして、私が世界中の誰のためにこの本を書いているのかを。 旅を始めましょう。人々のあとに人々を創り出し
てきた、地球としてご存知のこの世界を認識することは重要です。みなさんは最初でも最後でもありません。しかしこれを理解してください。私は、みなさんを、何も存在しない地球を創造主が創った時代へと、連れて行こうと思います。実際、これを思い出させる唯一のものは美しい鉱物の創造です。
ほとんどのみなさんは、創造主は何でも創造することができるという事実を理解できると思います。創造主の希望が少しづつ現実になっていく過程をまとめてみます。

いつか地球と呼ぶこの美しい惑星の世界を、このような具合でを見つめてください。そして、創造主が、地球の創造を最初からやり直したことも理解してください。現在は、地球が再び始まろうとしている時代です。地球は常にこのように始まります。素晴らしい鉱物の創造が、愛と光の中で回るのです。そして、創造主は何をするかを考えます。長期間に渡る発展の始まりです。

鉱物の創造に続いて、創造主が地球上のすべての粒子を創造します。創造は常にこのように始まります。最初の創造物は美しい植物です。植物の創造はシンプルに始まりますが、即座に成長します。植物は強くなっていきます。植物はやがて木の創造となり、天に達して、地上にあるものは影にかかった状態で成長しなければなりません。太陽は美しい花や大きな草原を形成します。そこに植物の創造に気付いた地球があるのです。

創造主は、栄光の中で、次に昆虫という創造をもたらします。昆虫には、発展を促進する効果があります。 昆虫は羽を持った生物で、互いに育て合います。 昆虫は植物の苗木を遠
く広く運んでいきます。そのようにして発展を促進するのです。

まもなく、神である創造主がこの大地に偉大な考えを提供します、動物の創造です。創造主は動物の粒子を創造ます。あらゆる世界の中で最高のものである動物は、この惑星で現実になるのです。動物は自由に歩き、恐れるものはありません。考えることが可能である動物は発展していきます。動物は、植物の創造よりも強い印象をもたらします。動物は互いに育て合い、最高の繁殖します。やがて、創造主が愛をもって、あらゆる動物の中から人間になるものを選んで発展を続けさせます。

みなさんはレムリアの世界をどう思うのでしょうか?近代の人々にとって、レムリア人と呼ばれた古代人類による社会を理解することは重要なことではないでしょうか? なぜ、レムリアと呼ばれた文明が、統一社
会として発展したことに驚くのでしょうか? とりわけ、多くの人がこの古代文明に関しての物語を書くことを、疑問に思うことでしょう。私の見解としてはシンプルです。現在は、地球上の私達が理解するべき時代のように思えます。地球は大きく変化し、みなさんの世界を全く異なる方法で見つめなければならない時代です。 みなさんは、お互いを重要な存在として認め
なければなりません。
みなさんは、自身を生命の光そのものとして認めなければなりません。肌の色や目の形で人を判断していた過去を振り返り、みなさんを離れた場所に生活させ、長い間存在していた国境をなくすための時代が、人類の世界に到来したのです。

そのような理由で、私達は古代レムリア文明を見習うのです。私達は、レムリアが行った最も素晴らしい方法を理解するのです。私達は、他人の生活様式と調和して生活することができたレムリアの人々を、理解するのです。 レムリア人
は、植物や動物、さらに鉱物の世界にエネルギーを創造することができました、そして、何でもみな共存可能なことを理解していました。未来は開かれていて、誰にも止めることができないような美しさにあふれていることを、レムリア人は理解していました。

そして私達は、意識の中のグレート・シフトと呼ばれるものについて語るのです。今の世界は、以前の世界よりも優れているかもしれません。しかし、今の世界には改善の余地があります。なぜなら、今の世界は、愛や発展にあふれ、一つの考えで統一され、ヒーリングや愛に目覚めた世界になる可能性があるからです。

太平洋のほとんどを占有していたレムリア大陸は、創造主が人間という粒子を創造することにより、その旅を始めました。レムリア人は、最も素晴らしい方法でこの大陸を渡り歩きました。
レムリア人は、生活の中で勝ち負けを目標としていませんでした。彼らは単純に発展をめざして生活していました。彼らは努力して、何でも平等である社会を維持していました。彼らは、自身とは別の場所で生活する人がみな劣っていないことを確かめ合いました。
彼らは、別々の場所住むのではなく、共存できるということを理解していました。

レムリアの世界から、みなさんに多くの異なるエネルギーの形を紹介するのは、私にとって大きな喜びです。 この時代の偉大な存在を紹介するのは、私にとって大きな喜びです。
レムリア人がこの世界で、異なるものをどのように扱ってきたのかを紹介するのは、私にとって大きな喜びです。特に、みなさんの目と心を開いて、いつか実現する生活の方法について紹介するのは、私にとって喜びです。それでは私と一緒に旅を始めましょう。

レムリア人がどのようにして歴史を守り続けてきたのかを明らかにしたいと思います。どのようにして、世代にもわたり、部族の年長者とされた人々によって歴史が守られてきたのかを。
レムリア人は、いつの時代も完成されていなければならないという責任を持ち、歴史を刻む人物は常に尊敬されてきました。

最後のレムリア人が生涯を終えた日にレムリアの歴史は終わりました。このことはソウルジャーンズと呼ばれています。レムリアには、万代の歴史が存在し、壮大なものでした。

どのようにして、レムリアの世界を知ることができるのでしょうか? 私達が案内人なのです。私達は歴史に踏み込むことができます、そして、過去の偉大な時代を知ることができるのです。私達は聞くことができます。 偉大な歴史を次
の世代に伝えることができます。そのようにして、みなさんが知ることができるのです。偉大な時代や、偉大な場所を。 み
なさんも、自身で冒険して切り開いていくのです。

レムリアには、政治というものがありませんでした。その代わりに、彼らには会議のようなものがありました。会議では、レムリアが成長するためのエネルギーの型を公開し合い、会議に参加したメンバーがそれに従うことによって、生活の方法を決定していました。エネルギーの型というものは、法律ではなく経験に基づくもので、色々なプロセスも試してみた結果でした。レムリア人は、レムリア人としての運命を果たすため、あらゆるレベルの関係で調和しななければならないことを、発見しました。

ここで述べることは重要なことだと、私は思います。どの人にとっても、どの存在にとっても、会議の一員になるために最も重要なのは、大きな焦点を持つということでした。大きな焦点とは、できるだけ早くに会議のメンバーを交代することです。それは レムリアが発展するためであり、彼らは、異なる現実を実践する時にだけ、レム
リアを発展させることができました。会議に参加する人々は、新しい案を現実にしようと真剣でした。

それでレムリア人は、会議の方法と、会議から離れた場所での方法、そして、それから、他の会議での方法を作りました。すべての質問を最後まで話し合う会議がありました。すべての質問は常に丁寧に処理され、公平でした。なぜなら、誰にとっても不利益なことがなかったからです。

それでは、どのようにしてレムリア人は、最近『みんなが勝者』と呼ばれているエネルギーの型を実践したのでしょうか? それは心を開くということです。その方法は、それまでの歴史で前例
がないものでした。心を開くということは、つまり、すべてのものに対しての答えは愛でなければならないということです。非現実的なものではありません。『みんなが勝者』の型は、非現実的ではない状況にあります。会
議のメンバーは、メンバーとしての地位を真剣に扱っていました。なぜなら、会議のメンバーは、いつか会議に参加しなければならないということを、理解していたからです。会議はオープンで、常に参加したメンバーにより最終結論が出されていたので満足のいくものでした。

会議では、すべての人が平等な立場でした。レムリア人は、発展のために、会議では可能な限り先祖による伝来の知恵を改良し、利用しました。レムリア人は、改良できないこと後悔しませんでした。会議での話題は、常に時代の最も美しいマジックをもたらすことに関してのものでした。

会議への参加による報酬はありませんでした。会議への参加は義務でした。発展を目指すすべての人の義務でした。彼らは天使とオープンに話しました。そして、彼らは指導者とオープンに話しました。レムリア人は、徹底的に話し合い、すべてをはっきりさせました。
しかし、最も概念的に理解して頂きたいことがあります。どのように会議が社会全体の指針を示すのか、および、どのように会議が決裂して別の組織に分かれるのかを十分に理解することは、不可能であるということです。レムリア人は、会議において、すべての人々にとって最良である結論を必ず出しました。

結論とは、1人または1グループについてではありません。
結論とは、人間性についてでした。
結論とは、創造主の生活についてでした。
結論とは、どのようにして次のレベルに移るかということでした。
とりわけ、結論とは、彼らの発展についてでした。
レムリア人は、創造主としてのやり方ではなく、人間としてのやり方を守りたかったのでした。

私達がソウルジャーンズについて学ぶように、レムリア人がどこで進化の旅の中に迷ったのか、決して分かりません。
レムリア人がどこで何かを解決できなかったのか、決して分かりません。
なぜなら、お分かりのように、レムリア人は常に心を開いていたからなのです。レムリア人は、成功して素晴らしい結果を得るために、愛を持って聞き、次のレベルに移るための経験をしました。

会議に関することは、これで終わりにしたいと思います。
みなさんが、階級制度ではなく意識レベルで生活するレムリアの社会を参考して頂くことを、私は願っています。実際、誰かがレムリアに長く居れば、レムリア人から学ぶことができましたね。

レムリア人は、年長者が大きな尊敬をもって扱われていましたが、年長者から教えられたことを常に利用したわけではありません。
そして再び、レムリアは、人々が世界に心を開くような領域と時代に突入します。
レムリア人は、容易に空間と時代を旅することにより、他の世代にライトワーカーを見つけることができ、ライトワーカーとコンタクトすることができたのです。
そしてそこに、レムリア人は偉大な案内人を見つけることができたのです。

レムリア人は、他人が起こした誤りからは学びませんでした。
レムリア人は、他人の素晴らしいものから学びました。
レムリア人は、他人の中により良い点を発見して、発展するのでした。
レムリア人は、昔の単純作業からは学びませんでした。
レムリア人は、実現可能で新しいものから学びました。
レムリア人は、なされたことすべてから、最も素晴らしい部分のみ利用しました。
それは、旅であり、何かを発見しようとしていました。
そして、レムリア人は発見したのです。
レムリア人の発見は壮大で、新しい意識の領域を開きました。
そして、まったく新しいソウルジャーンズが始まったのです。

お分かりのように、レムリア人は政府を必要としなかったのです。
レムリア人は警察官の力を必要としなかったのです。
レムリア人は、レムリア人を調べる人間を必要としなかったのです。
レムリア人は、レムリア人を自身の手で調べ、そして、皆自分たちの発展だけを気にかけていました。
すべての発展、レムリア人の発展を。
そして、発展はレムリア人によって見つけられたものなのです。
そして、発展はレムリア人が育てたものなのです。
そして、発展はレムリア人のありのままの姿なのです。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-30 02:37 | チャネリング・メッセージ

エルヴィン(5) 

d0143056_2241302.jpg


Q: エルヴィンたちはどんな様子をしているのでしょうか。

一般的なエルヴィンは背が高くて、綺麗な切れ長の目をしています。
そして、男性の方は髪が長くてプラチナ色。
女性の方は長い黒髪で、創造主の光の中で飾り気のない美しさを持っているので、何をするにしても完璧であり、自然のままです。

一般の9歳の人間はエルヴィンの世界では幼児だと考えられています。
その年齢になれば、もう自分の使命を選んだはず、いわば自分の一生の努力を選んだはずです。
エルヴィンたちを述べることはエルヴィンたちを定義とすることでもありますが、彼たちは定義されることを好みません。


Q: 以前も、そして今日の先のお話でも、あなたはエルヴィンの社会は日本文化と強く結び付いている、とおっしゃいました。
エルヴィン世界の復帰は日本のライト・ワーカーにどんなような影響を与えていますか。
私たちが日本語やほかのアジア言語を話す時は、エルヴェンの波動を地球の次元へ持ち込んでいるのでしょうか。


日本社会はエルヴィン世界ととても緊密な繋がりがあります。
日本へ行ったことがあるのであれば、日本人が彼たちの町から町への新幹線や小さいシャトルに乗る時は、世界の他の国々の人から見ると、「それは無理」というようなところにも、ぎゅうぎゅうになって乗り込むのが分かるはずです。
いったん、乗り物内に入ってしまうと、実際はそれほど混雑もしていないのです。
エルヴィン世界のように、上手にはめ込み合っているからです。
すぐに適合し合うのですね。

エルヴィン社会と日本社会の間には他にも似ているところがあります。
エルヴィン社会では、男湯や女湯はありませんでした。
入浴は社会的な活動でした。
それは、現在の日本社会と同様に、身体は非常に尊ばれるものだったからです。
隠す必要はなかったのです。
もし、体を覆うのであれば、それには宇宙の中で最も深い色をいくつか使いました。
日本の最初の土地で、彼たちは最も美しい色を捻り出しました。
また、日本社会ではよく、人々はお辞儀をし合います。
お辞儀は従属を示すのではなく、相手の光を尊ぶことです。
相手へのお辞儀は、自らの光を相手の光にくっつけようとすることです。
侵害することではなく、触れることなのですね。
日本の社会の中では、外の人間社会にあまり上手に溶け込むことが出来ないと思っている人がたくさんいるようです。
彼たちの習慣は他の習慣とは異なっていて、日本は閉ざされた社会です。
いわば1つの人種しかない社会なのです。

エルヴィンの社会のエネルギー・フォースの元はレムリアの遠く西半球にあり、日本に近い場所でした。
彼たちはウォーリアー・クラスでした。
ですから、日本人はウォーリアー・クラスの長い歴史を持っています。
しかし、その後は外れ落ちてしまいました。
今は、スピリチュアル・クラスが優勢になっています――われわれエルヴィンのエネルギーを持つ人たち、 高い波動をもつクラスです。
だからこそ日本では精神性がこれほどまでに急成長しているのです。
ウォーリアーはエネルギーを放ち、訓練に戻りました。今は意識のグレート・シフト(意識の大転換:アセンション)が見られます。
日本では、エルヴィンの世界は「カリアン」として知られています。
その名前の意味は、彼たちは平和の光の剣を持っていて、もう、ウォーリアーからアウェイクニング・スピリット(覚醒したスピリット)へ移りましたよ、という意味です。


Q: ヨーロッパや宗教に、エルヴィンはどんな影響を及ぼしましたか。

多くのヨーロッパのエネルギーに終わったエルヴィン社会はスピリチュアル・クラスでした。
彼たちは地球の生き物だった頃、スピリチュアル・クラスは宗教の世界にあるとわかりました。
エルヴィンたちはローマ人、ギリシャ人、ゲルマン人、パレスチナ人、全部の異なるグループの宗教階層に当てはめようとしていましたが、彼たちは真のスピリチュアリストのため、宗教という概念を把握することが出来ませんでした。
エルヴィンたちはもう長い間みなさんの回りに住んでいます。
彼たちは今、自己紹介をすることをいといません。なぜならば、世界全体はもはやそんなに宗教で定義され監禁されてはいないからです。 この世界は今、エルヴィン・リアリティの精神の気づきによって定義されているのです。 ヨーロッパの知識によると、エルヴィンのエネルギーとはスピリチュアル・フォースを光へと持ち込むことです。


終りの言葉

アメリカのみなさん、私が日本とヨーロッパの人たちについてだけ話してると、誤解なさらないでください。
あなた方の住む場所は人種のるつぼです。
従って、みなさんは強い光であると見なされているのです。
世界の他の土地の人々をがっかりさせないようにね。
エルヴェンの世界のあの親切さを思い出しましょう。
天使たち、エルヴィンたち、フライアリ-たち(friaryはfriary angelという造語の略で「翼を捨て人間になった妖精」の意味です)、そして他の人々の存在を受け入れましょう。存在することの楽しさを感じる時には、みなさんが創造主の力であると気づくはずです。


(訳注:このメッセージは英語でかかれたものであり、英語を話されるかたを対象にかかれているため、上記のような表現になっております)



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-28 22:39 | チャネリング・メッセージ

エルヴィン(4)


d0143056_2161085.jpg

Q: マスター・キラエル、あなたはエルヴィンの社会について研究をしたのですか。
そして先ほど、エルヴィンの社会の女性のエネルギーについてお話されていましたが、どのようにして彼女たちを女神として崇めているのですか。
エルヴィンの社会の中での女神の光の役割について教えてください。

私はエルヴィンの社会のことを600年ほど研究しています。
それくらいエルヴィンが大好きなのです。
エルヴィンの社会での600年は、こちらでのみなさんの年よりもずっと長いので、多くを学ぶチャンスに恵まれました。
まず最初に、エルヴィンの社会は、地球の次元では階級があったとしても、創造主の光のトリニティ(三位一体)に目を向けていたということを理解してください。
興味を惹かれることですが、全ての次元のあらゆる世界は、どこかの時点で創造主に注意を向けているのです。
驚くべきことではないでしょうか。
神ではなく、創造主です。
もうお分かりのように、神々もまたエネルギーにすぎないからです。
神々はかつて、世界を2つに分けました。
そして、良い神々を選ぶ者もいれば、悪い神々を選ぶ者もいたのです。
なんとも、興味深い時代だったのです。

2つ目の質問についてですが、彼らはその創造主の力のことをディヴィ二ティ、もしくは、ディヴァインと呼びます。
キリスト意識と呼ばれているもののことです。
エルヴィンには、ディヴィ二ティや、ディヴァインや、それから女神のエネルギーがあります。
エルヴィンの社会には、妖精もまたそうですが、女神や女性のエネルギーは、完全に完璧な美として知られています。
すべての女神の光は完璧です。
たとえ、ある女神の顔に、目を横切る傷があったとしても、頬を切る傷があったとしても、彼女は鏡を覗き込んで、なんて美しい傷なのだろう、と思うのです――ふざけているのではないですよ――女神は完璧な光であり、愛の光です。
愛のエネルギーの化身なのです。

それで、エルヴィンの世界では、すべての女性のエルヴィンは女神の光として知られ、他よりも、より強くその光を放つ女性もいます。
みなさんの社会ではいま女神のエネルギーが地球の周りを回っています。
私に届く声の多くが、考えているようです。
「彼はわたしのことを話してる。私も彼のこと好きだな」と。
ありがとう。
女神のエネルギーは信じられないような波動で、目を覚ましているのです。

エルヴィンの社会で、ディヴァインはよく男性の肉体を持ち、女性の肉体の染色体の価値を持っています。
おもしろいでしょう?
ですから、女神はすべてを通して広がっていきます。
そして光のレプリカなのです。

Q: 私は女神のエネルギーに繋がりました。
そして、その美しい命が私の周りにやってきたのです。
彼女たちは白い光の柱のようでした。
今では、ほどんどいつもひとりの女神が私と一緒にいるようです。
アークトゥルスから来たと、女神は言いましたが、そのことがしっくりときません。
太陽の周りに上る虹の写真を撮った時、いくつかの緑の光の玉がそこに写っていて、人の顔のように見えました。エルヴィンの社会は私たちの元へやってこようとしているのですか?

その門が開かれました。
そして、他の世界の生き物たちが入り込んできたのです。
ポーザル・ライトでも、コロナ・ライトでも、彼らが旅してきたあらゆるライトのおかげです。
近づいて見てみると、その高く、ぼうっとした、緑色のような光がそこにあり、彼女があなたに、伝えたいことがわかるでしょう。

あなたの心の中の魔法が輝くような旅の途中で、私がみなさんとシェアしたいものは私の光です。
いつか、わたしはあなたなのだ、ということを理解されるでしょう。ですから、次にみなさんが小さな構造を見た時に、わたしもまたそうなのだということを知るでしょう。
このことで、私はいつも自分のリアリティを見つけています。これから詳しく説明しますね。
みなさんは私のジャーニー(探求の旅:人生)であり、わたしはみなさんのジャーニーなのです。
わたしはアークトゥルスから来たわけではなくて、ディヴァインの世界のひとりです。
ディヴァインの世界では、わたしはみなさんに仕えていますが、世界をひとつにするために仕えているのかもしれません。
わたしは偉大なマスター・キラエルに感謝しています。
キラエルを通して、みなさんがわかることばで語りかけることができるのですから。
みなさんが心を開くとき、その音はこんな風です。
「戻る時まで、わたしは休息します。あなたが目を開けてる限り、わたしはあなたの側にいます」

Q: エルヴィンの社会は美しい世界を創り出し、自然の環境のまま、水は澄んでいて、空は青く、そして、いつでも互いの光を高めあっています。
どうやったら、私たちも同じようなことができるのでしょうか?
うやって、私たちはエルヴィンの世界を見習って、地球上にも同じリアリティを捉えることができるのでしょうか?

この事柄に関しては、選択肢がないのです。
このようなことを普段は言わないのですが、今回はこれが真実ですのでお伝えします。
人間の世界では、選択肢がないのです。
この美しい世界は、いづれにしても、みなさんのために起こっています。
みなさんはわれわれが話していると昇っていくのです。わたしはそれをグレート・シフトと呼んでいます。
エルヴィンの世界のディヴァインは、それをグレート・エンライトメントと呼んでいます。その違いはなんでしょうか?
私は言葉を選び、彼もまた言葉を選びました。彼はずっと昔に
その言葉を選びました。わたしもまたそうです。これこそ、みなさんが向うところです。
私はまだ、リアリティを磨き始めたばかりです。
例えば、エルヴィンの子どもたちは40や50歳になるまでそのままだとお話したことを思い出してみてください。
それに、子どもは親ではなく、社会に属しているのです。ですから、どんな子どもでも飢えることはありません。
どんな子どもでも、誰かに劣っているということもありません。
全ての子どもは全ての人に属しています。
それが教えてくれることは、全てのエルヴィンの子どもたちは愛されて育っていくということです。

憎しみや争いや、異なる神々、異なる創造神という古くからのパターンはエルヴィンの子どもは教えたりしません。なぜならば、若い時に教えられるべきことは、愛、思いやり、親切な心、花の扱い方と愛し方、樹の育て方、食べ物の育て方などだからです。
エルヴィンの子どもが知ることといったら、環境をどのように美しくするかということです。

子どもが大人になる時、そして大人になる方法なのですが、だいたい100歳になった時で、古代の歴史に触れる瞬間です。
崇高な光を持たなかったドロー・エルヴィンや他のエルヴィンについて学ぶときです。
人間そうするのと同じように、エルヴィンも暗い時期を経験します。エルヴィンは、意識のレベルを上げるために一生懸命です。

Q: アレクサンドリア図書館の火災は、エルヴィンの社会にどんな影響を及ぼしたのでしょうか。

アレクサンドリア図書館が最初に焼失された時、あまりにも多くの情報が真実ではなかった上、エルヴィンに関する情報の入っているその一部は保護されていたので、エルヴィンたちは、それほど失望していませんでした。
アレクサンドリア図書館が放火されたのは4回です。
誰かががエルヴィンの情報を破壊することを狙っていました。


第2・3回目の火災の火はあまりに強かったため、魔術が使われたことは明白でした。
悪いマギ(魔術師)は集まって、彼たちの磁力を用いその火を作り出したのです。
そうです、悪いマギもいました。
その後、エルヴィンの社会に一度終止符を打ち、地球の次元から離れました。
今、彼たちは戻って来ていますので、心配しないで下さい。




d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-28 19:08 | チャネリング・メッセージ

エルヴィン(3)


d0143056_1284986.jpg

エルヴィンの社会を見てください。
そこは、身長180から210cmのエルヴィンがあらゆる場所で見受けるでしょう。
エルヴィンの女性のひとりひとりは、女神としてみなされています。
みなさんはエルヴィンの中に、光の波動で満たされた、驚くほどの美しいエルヴィンを見るでしょう。
みなさんの心の目の中で、評議会の長老たちに会ってください。
彼らはみなさんの質問の答えをもっているはずです。
その美しいエネルギーのパターンを見て、みなさんと同じような世界に彼らも生きているのだということを知ってください。
彼らは生き生きとして、活動的で、進化してきました。
彼らの世界はみなさんの未来の世界のレプリカです。
彼らはシフトを超えて生きることができるからです。
彼らは自分が誰か知り、新しい光にシフトし、そして、彼らの理想を知っています。
多くの世界で思われているように、彼らは天使ではありません。
彼らは自分たちだけの種です。
彼らは真実と信頼と情熱の社会に住んでいるのです。

エルヴィンにはルールがあります。
自らに課した、愛すべきルールです。
そこでは真実だけを話さなくてはいけません。
エルヴィンは彼らが望む限りの時間、ひとつの肉体に生きることができます。
先にお話ししたディヴァインは800歳以上だと考えられています。

それこそが、みなさんが目指す世界です。
気づきの中のグレート・シフト(意識の大転換:アセンション)が起こり、いつの日か、私がお伝えしたようなエルヴィンの世界のようにみなさんの世界もなるのでしょう。
みなさんの世界は自然の中に作られるでしょう。
なぜなら、地球ガイアがあなたとともにいて、あなたに必要なもの、そしてそれ以上のものを与えてくださるからです。

みなさんの天使は、みなさんの光のパターンの中を行ったり来たりしています。
そしてエルヴィンの社会はみなさんに示すのです。
どのようにして時間のイリュージョナリー・バリア(幻想によってつくられた壁:制限)を超えるのかを。
彼らはみなさんを彼らの世界へのジャーニーに導いてくれるでしょう。
みなさんが彼らと同じタイプのエネルギーの中に生きているからです。
みなさんは創造主の力を、神としてではなく、その美しさの全ての中の全ての輝きとして、称えるでしょう。
女神タラは光の女神として言葉を与えてくれるでしょう。
そして、すべての光は混ざり合うのです。

みなさん、意識のグレート・シフトを恐れないでください。
自分の平和を見つけ出しましょう。
そうすればグレート・シフトの時までに、みなさんは自分の目を開き、3次元の視点を超えて見ることができるでしょう。
エルヴィンの兄弟や姉妹がもう一度人間としてのあなたたちの間を歩いていくのが見えるでしょう。
なぜなら、彼らは今もみなさんに彼らのエネルギーを送っているからです。

エルヴィンの多くは日本や中国といったアジアに暮らしています。
彼らのエネルギーをたくさん反映している人間の社会が、そこだとわかったからです。
エルヴィンの世界のそれぞれは平和と調和を見出しています。
シンプルに光の中に取り入れることによって、そして他の社会の騒音から離れることによってです。
エルヴィンは構造化された社会の中に暮らしているのです。
そこは互いのことを思い合う社会です。

グレート・シフトがみなさんに近づいています。
どこか遠くに潜んでいるのではありません。
今、この世界に起こっていることなのです。
想像してみてください。
世界の誰もがエルヴィンの社会が本物だと知ったなら、そしてエルヴィンについて描かれた映画や本が真実だとしたら。
美しいエルヴィンの社会の絵を描くアーティストはどこからインスピレーションを得ているのでしょうか。
エルヴィンの社会についてのお話をつくった作者はどこからそのアイディアを得ているのでしょうか。
そのようなアーティストたちは彼らのアイディアやインスピレーションを優美な真実の構造やガイダンスの宇宙の光、アカシック・レコードから得ているのです。
そのようにして、気づきは起こっているのです。

自分の中の私があなたの世界を見て、私たち人間の社会が手を取り合い、肌の色を忘れ、相手が何を持っているかや、何を持っていないかで相手を判断すること、それらのことを本当に見たいのです。
これは私の祈りです。
みなさんが愛の中にすべてを分ちあいますように。
私、キラエルは、みなさんをお導きするためにみなさんの世界にきましたが、みなさんの世界とエルヴィンの社会との間にある道を開いています。
みなさんが、その次元を私と一緒に歩きながら、心の真実を見つけられるようにです。
グレート・シフトが近付いていますが、みなさんは安全です。
みなさんは旅人です。
私がそれを伝えていきます。

では、質問をいつくか取り上げていきます。


Q: 妖精はエルヴィンの社会に存在しているのですか。

かつて、みなさんの世界に存在している妖精の世界はエルヴィンの社会の大部分を占めていました。
エルヴィンの社会では、妖精は母なる地球や、いかなる惑星にも生命を与える者たちでした。
妖精の世界は独自の光に触れていて、花々は父なる空や太陽の光に届くように背を伸ばす時に、声を上げたり、泣きだしました。
そして、花は新たな色や経験を与えられました。
その花は今までよりもずっと高い位置まで届くようになり、とても背が高くなり美しくなりました。
レムリアの花々が泣くとき、その涙はしずくとなって花びらにこぼれ、花は色を落としてしまうのでした。
現在、みなさんが使うペイントの色の多くはその花の世界の名残です。

妖精はいつも発展途上国で重要な役割を担っています。
興味深いことに、妖精たちは、彼らが暮らしている国の中では進化することができないのです。
だから、彼らはとてもシャイだし、外へ出てきてみなさんと遊ぶことはほとんどありません。
妖精たちが自分自身を見せるときは、どうぞ、彼らに感謝してください。
彼らはエルヴィンの世界の光であり、美しいヴィジョンなのです。

Q: 大人のエルヴィンは子どもを育てるために、どのように子どもに関わるのですか。

エルヴィンは自分たちが育てられたとは思っていません。
エルヴィンの子どもたちは、ほぼ透明の非常に薄いヴェールに包まれて生まれてきます。
どんな社会にいるとしても、ヴェールを身に付けることでしょう。
それが唯一、肉体的な存在を維持する方法だからです。
あるエルヴィンのカップルが、子どもをもうけたり、美しい子どもたちを手にするのは、
多くの場合、40年に一度です。
エルヴィンは地球の出産システムとは違うシステムで子どもを得ます。彼らはとても長く生きているので、頻繁に子どもをもうけなくてもよいのです。

昔、ドローエルフと呼ばれるエルヴィンの社会がありました。
とても若いエネルギーのエルヴィンの世界です。
彼らは、今日みなさんが考えつくような、なんらかの逸脱者でした。
ドローエルフは宇宙に戦争を創り出し、エルヴィンの世界の全てを乗っ取ろうとしました。
その時、エルヴィンの社会の多くは地球の次元によって破壊されていたのです。
再生はゆっくりとしたプロセスでした。
しかし、再生の途中、ドローたちにはしっかりとした足場はもはやありませんでした。
今でも、特定の惑星にだけドローたちは暮らしていて、彼らのことをみなさんも聞くかもしれませんが、今の期間は自給して暮らしているのです。

エルヴィンの子どもはおよそ、生まれてから73から75日でしゃべり出し、その言葉というのも、もう完全な会話のかたちです。
エルヴィンは話ができるようになるとすぐに学校に行き始めます。
一般的にエルヴィンは話す前に歩きだします。
彼らが小さな生き物だということが、そのことから、おわかりになると思います。
エルヴィンがそんなに小さいままなので、「エルフ」という言葉が広まったのだと思います。
なぜならば、エルヴィンは長い間、小さいままであり続けるからです。
彼らは長い間を子どものままの状態で過ごします。
そして異なった場所の異なった学校に入れられます。
実際に、典型的なエルヴィンは45から50歳になって初めて大人だとみなされるのです。
したがって、かれらの幼少期は人間のそれよりもずっと長いのです。
彼らは厳格に情報収集を子どもの頃から始めます。
なぜなら、彼らは何百年も生きているからです。
彼らは宇宙のアカシック・レコードにアクセスして、彼らの記録を学びます。ありがちな言い方ではありますが、彼らはスポンジのように、できる限りのどんな情報をも吸収していくのです。

一方、人間の経験では、子どもの時期は3歳か4歳までで、その後、泣かないように言われたり、ちゃんと服を着たり、これはいい、あれはダメと言われながら、大人になるように求められます。
エルヴィンの世界では、「しない」や「ダメ」「わからない」という単語は存在していません。
ですから、みなさんは彼らが子どもたちを、非常に長い間世話しているのを見ることになるでしょう。

エルヴィンが13や14歳になると、地球のティーンネイジャーと同じくらいだと考えられます。
そのあとは、エルヴィンは大人になって――そしてそうなっても、率直にいえば、彼らはそんなに早く大人にはなりません。
彼らは、できる限りの間、光や子どものころの愛情と繋がっているのです。

最後にもうひとつ: エルヴィンの社会の中にはほとんど何も動物がいません。
おそらく、小さなポニーや荷役用の動物が少しいるくらいです。
それは人間の世界とエルヴィンの世界の似ている基本の点です。

Q: マスター・キラエル、あなたがリアリ・タティの名前を言うとき、私はこれまでの人生で感じたことのないような、繋がった意識を心に感じるのです。
このような印象を受けます。
エルヴィンの社会は互いと調和しあうことに対する深い知識があって、その思想は常に愛に基づいていると。
互いの中に創造主の姿を見ることや、あの調和を再び感じることをあなたやエルヴィンの長老たちは、手助けしてくれますか?

わたしはエルヴィンの長老のひとりがわたしに語りかける言葉を、みなさんにお伝えしています。エルヴィンのリアリティに出会ったことのないみなさん、わたしは、長老が望むように、彼の言葉にたくさんの愛を込めています。

彼は言います。
「光の子どもよ、私の音を聞いてください。彼らは光によって真実を響かせるでしょう。われわれが生きる世界では、コミュニケーションに声を使うことは稀です。ひとりひとりの思想が混ざり合い、ひとつになると考えているからです。みなさんの次元の感覚では、われわれが一日を実感すると、世界が美しい朝の音色をハミングしている音に気付きます。一日の始まりの食事をする前には、われわれは自分たちの範囲の中にすべてのエッセンスを感じます。それは、みなさんの想像を超えるものでしょう。

みなさん、聞いてください。感じたいことを感じていない全ての命への朝食の前に、われわれはそのパターンを探しています。そして、自分たちの光をその光にフォーカスします。誰かは他の世界への旅から目を覚ますかもしれないし、弱い力を感じるかもしれない。腰を下ろして、わたしたちのオームに加わるとき、私たちを築く社会の残りの光を感じます。彼らは知っているのです。われわれが今、ヒーリングを必要としていることを。そして、われわれがそれを受け入れれば、エルヴィンの世界は朝食を取る前に毎朝ヒールされるでしょう。

ですから、マスター・キラエルが、何がいつの日か「リアリティ」になるのかについて話す時に、みなさんが感じるその一体感こそが、ささやきを必要としない愛のコミュニケーションなのです。われわれは声を出す必要がないのです。シンプルに愛の波動を思い巡らせるだけです。届けたいところ、どこにでも届く、わたしたちの声が込められた愛です。ひとりとでも全ての人とでもコミュニケーションを図ることができます。それに、ひとりからでも全ての人からの声も聞くことができるのです。

想像してみてください。
んな風に言うことなど意味のないことだと気付くでしょう。
「ねえ、彼女の目の色を見た?好きじゃなかったわ。」
なぜなら、それはエルヴェン社会のみんながその声を聞いているから。
すると、みんなはすぐに、その言葉にたくさんの光を送ってくれるでしょう。
あなたが彼女の目の美しさを感じられるように。

熱っぽく語ってしまってごめんなさい。
人間の世界と話すことはあまりないので、この瞬間をマスター・キラエルに心から感謝しています。
みなさんがわたしのことを、みなさんの世界にとっての聖なる使いとして見てくださるのなら、私のことをエアヴェナルと呼んでください。
私はいつでもここにいます。
エヴェナルはウォリアーの光の中に立っています。
われわれのウォリアーはみなさんが愛を感じられるようにと、みなさんの世界に存在しているのです。私はわたしたちの世界に帰ります。みなさんには偉大なマスター・キラエルがいますからね。

Q: 地球に住みながら、エルヴィンを見ることやコミュニケーションを取る能力を持つ人々にとって、世界に彼らの存在を気付かせる責任とは何でしょうか。

エルヴィンの社会と関わりのあるものの多くは―エルヴィンの社会にその仕事を認められた者、エルヴィンの血を受け継いだり、ご先祖がエルヴィンの世界からの方だったり、地上の次元で平和を創り出そうと活動している人たちを含めて―彼のジャーニーはギフトなのであり、責任ではないということを知っているでしょう。
そして、エルヴィンのエネルギーを溢れた愛と尊敬で受け止めるでしょう。
エルヴィンには人間の部分があり、エルヴィンの世界と人間の世界の両方のヴェールをかぶっています。
エルヴィンは光に包まれてるので、次元のヴェールを通して、より自分たちをはっきりさせる唯一の方法は愛に満たされることなのです。

みなさんが自分のヴェールを見るとき、それは人間のヴェールだとわかるでしょう。
それらから視線を外すと、次にエルヴィンの社会のヴェールが安全だと知るでしょう。
エルヴィンの社会には不安はたったひとつです。死ではありません。
創造主に仕えることができなくなるということです。
ェールの二層目に行き、エルヴィンを知るみなさんは、それに愛の波動で触れてください。
すべての瞬間にそれをヒールしてください。
するとエルヴィンがあるエネルギーを満たし、彼らが誰なのか、みなさんに教えてくれるでしょう。

Q: エルヴィンの血を引くものにとって、地上の人々に仕えることをわたしたちの一部に気付かせるには、どのようにすればよいのでしょうか。

もしも、人間世界の人間に仕えたいということがあなたにとっての真実ならば、あなたの能力を具体化し、あなたの光を照らす必要があります。
それは、あなたはジャーニーを次のレベルの意識に気付かせる時が来たということです。
愛と光を使ってください。
前の質問でも説明したとおり、あなたは二つのヴェールを持っていることがおわかりになると思います。
人間は美しい一枚のヴェールを持っていますが、エルヴィンの世界はみな二つのヴェールを持って生まれてきます。そのうちのひとつは人間のヴェールに似ていて、もうひとつはエルヴィンのヴェールです。

ですから、人間のヴェールを通り抜けるために、あなたはすべてを完全なものと捉える必要があります。
人間のヴェールを脱ぎ去るためには、インナー・セルフの平穏が必要です。
平穏がそのヴェールのシステムを取り壊し、外し、切り離してくれるのです。
そして、次のシステムへと導いてくれるでしょう。
あなたの2つ目のヴェールはあなたを守ってくれるものです。あなた自身の光を纏ってあなたが話すことができるようにと。

エルヴィンの世界にいる、もしくはエルヴィンの世界からやってきた、今は人間の経験を積んでいるみなさんには、「意識的創造の10大原理」を聴いてほしいと思います。
それは私が地球の次元に持ってきたものです。
それらの原則を使って、瞬間瞬間をコントロールしましょう。
みなさんの時間の大部分、ということではありません。
一瞬一瞬をです。
そうすると、人間のヴェールは消え、エルヴィンのヴェールのところへ行けるでしょう。
みなさんはあらゆることの創造主なのです。

Q: 私は妖精が大好きです。それに、私の写真の多くに、妖精やエルヴィンのエネルギーをもった光の玉が写っていることに気付きました。エルヴィンや他の世界が私たちに近づいているということなのでしょうか。

みなさんの世界は二重性のエッジを失い始めています。
創造主はこの次元に良いものと、そうでないもののバランスを与えました。
それは、二重性の形態を経験してほしかったからです。
そう、最近はその大きな二重性の統制が封鎖されはじめているので、みなさんは意識の次のレベルへ移ろうとしてるところなのです。
妖精などのエネルギーの多くは――われわれは彼らをフェアリー・エンジェルと呼ぶのですが――ここに集まっています。彼らが行った最初のことは、彼らの翼を脱ぎ捨てて、人間のように歩くことでした。

それから、彼らは自分たちを15インチ程の大きさから、大人の人間のサイズへと大きくさせました。
彼らからすると、すごく大きくなったのです!
あなたの写真に見えるオーブ(光の玉)は実際の妖精やエルヴィンのエネルギーであり、大いなる気づきのために、地球の次元のあたりを行動しているエネルギーです。

写真の中の光の玉(オーブ)に、みなさんが気付いたとき、私たちはとてもうれしくなります。
みなさんが、「あれ、レンズに染みでもついたのかな」なんて、言った時は特に。
われわれはみなさんに気付いてほしのです。けれど、興奮しすぎないでください。
それらが何であるか、ただ理解してください。
光の玉はエネルギーのパターンのためのトラベル・バッグです。
今現在のかたちの意識の次元を経験したことがなく、それを通り抜けるために作られたもの。
彼らは自分自身を、卵よりも丸い旅行カバンに入れて、次元の扉、言いかえれば、次元の界面を行き来します。
彼らがヴェールの向こう側から呼ばれたときに。
こちらへやってきながらも、まだはっきりと目に見えないままのフライアリーの光やエルヴィンの光が、その次元の界面を通り抜けるのです。
グレート・シフトが起こるのに備えて、やって来るのです。

みなさんはひとりではないことに気付いてください。
みなさんの世界は毎日、より強い力を得ています。
この、人間にとっての意識のグレート・シフトは始まったばかりです。
だ、みなさんは何も見てはいないのです。
温かく、そして寛大なご質問に感謝します。



まだ続きます♪♪♪


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-28 01:18 | チャネリング・メッセージ

エルヴィン (2)


d0143056_23523991.jpg

前回の続きです^^
チャネリング:カフー 対訳:ヒーリングアシュラムです♪


『エルヴィン・ワールド(2)』
美しいエルヴィンの社会には意識の3つのレベルがあります。
1つ目の意識のレベルはわたしたち人間が知っていることと似ています。
彼らは現実世界の世話人でした。
草原に植物を植え、食べ物をつくり、家を建て、できることはなんでもやりました。
2つ目の意識のレベルはウォーリアー・クラスです。
力があり、エリートで、彼らの仕事は労働者階級の光を守ることでした。
3つ目の意識のレベルはスピリチュアル・クラスです。
彼らはウォリアー・クラスよりも高い波動を持っているので、防御を必要としません。
みなさんが本や、映画でよく耳にするのが、このスピリチュアル・クラスです。
この3つが意識のレベル、もしくはエネルギー・パターンの定義です。
非常に広い愛情をお互いに持っているので、彼らの人生はどのように仕えるかをとても考えます。

エルヴィンが地上に最も多くいた最後の時期は、レムリアの時代で、みなさんの年号で言うと5万年ほど昔です。そう、彼らはその時、新しい種、新しいエネルギー、つまり後に人間と呼ばれるものとともに、ここにいたのです。
人間とエルヴィンが光と根源の中で、始めてかかわり合ったのは、レムリア時代の始まりの頃でした。
エルヴィンは多くの偉大さをもたらしたので、それはエルヴィンと人間の世界の両方にとって、大いなる気付きになったのです。
その時代、エルヴィンと人間はお互いが関わり合ってひとつになりました。
だから彼らの種類は逃人間にとても近く、またとても似ているのです。

今、みなさんのハートはエルヴィンに興味が向かっていることでしょう。
彼らに出会うことや、彼らに触れることを望んでいるかもしれません。
みなさんの中にも多くのエルヴィンがいるのです。
多くのエルヴィンはとがった耳をしていますが、全部がそうなのではありません。
もしも、彼らを認識したいのなら、彼らの目の中を覗いてみてください。
確かに、愛の波動を発しているでしょう。

エルヴィンは地球上に姿を表すことをしていません。
なぜなら、彼らは人間界が彼らを受け入れてくれるか確信がないからです。
レムリアの時代、エルヴィンの社会はまず、違ったレベルの波動を響かせました。
そして、みなさんと似たような世界を広げたのです。
そう、みなさん、それは他の惑星ではなく、他の世界、つまり他の次元のことです。
その次元は、少しの違いを除いては、みなさんの世界と実によく似ています。
空はいつでも晴れていて、空気も美味しく、水路は自然なままで完璧です。

もしも、みなさんがその世界がどこにあるのか知りたいなら、心を開いて、私と一緒にその次元へ飛び込みましょう。
(訳注:ここからはご自分で瞑想のようにイメージをされながらお読みください)

みなさんは森の光を見るでしょう。
そして、その森の中は樹齢何千年もの祖父の樹があります。
その森に近づいて、草や花に溢れたなだらかな緑の大地を渉ると、その香りはより強くなります。
この30mもの高さの大きな木のことろに辿り着くまで、いつくもの木々を通り抜けます。
するとその木は頭を下げ、あなたの顔に葉を触れさせます。
そうすると、どうでしょう。
その木がみなさんをエルヴィンの世界へ連れていってくれるのです。

木々の中を進むと、街や歩道が見えてきます。
階段を上り、一歩を踏み出すと、次の現実へ滑り込むことができます。
そこでは2人の美しいエルヴィンと出会うでしょう。
そのうちのひとりはディヴァイン(神聖さ)として知られるエルヴィンです。
エルヴィンの世界にとってディヴァインは、創造主の姿をした最高の現れです。
それはキリスト意識に似ています。すべてを知り、すべてを助けるものこそディヴァインだからです。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-27 23:50 | チャネリング・メッセージ

エルヴィン (1)

d0143056_2354217.jpg
キラエル・メッセージの中から『エルヴィンの世界』を掲載させてください。
チャネラーはカフー。対訳はヒーリングアシュラムです。


『エルヴィン・ワールド(1)』
現在はみなさんのひとりひとりが進化の旅の途中にいます。
そして、その旅が光呼ばれるエネルギー、波動の流れにみなさんを導いたのです。
光の体験を通して、みなさんが創造主に与えられるものは本当に美しい贈り物となります。みなさんの創造主は、そのような壮大なジャーニー(探求の旅)、つまり人間界で使われるその光の一部分であるという事実に、実は謙虚な気持ちになっています。
もしよければ、一緒に過去を想像してみましょう。
時間、みなさんはそれを数えているでしょうが、時間は唯一の存在の尺度ではないのです。
ご存じのように、時間はリアリティに多くの制限を設けます。その思考パターンに収縮されていない時間-つまり、意識のリアリティを超えて拡がる時間についてこれからお話します。

今日は、ずっと長い前にみなさんの地球の次元にやってきた、あるエネルギーの社会のことをお話することに決めました。
それはエルヴィンという美しいエネルギーのグループについてのことです。
エルヴィンの社会は、意識のまた別のレベルに存在しています。これらの美しい光の生命体は、数多くの異なったリアリティの中に生きています。エルヴィンの世界は単なる寓話だと、考える人たちが数多くいます。天使は存在していない、と考えるのと同じようにです。
なぜなら、彼らを3次元の目(天使の世界では作用しない感覚のひとつ)で見ることはできないからです。

私がみなさんを過去へと連れていきます。
3次元の精神を解き放ち、根源と繋がってください。
根源こそが真実のある場所だからです。
時間の始まりへと行ってみましょう。
それは美しいエルヴィンの社会がみなさんの地球の次元へ到達する前のこと。彼らは地球とよく似た世界に住み、またみなさんのように、進化してきたのです。
みなさんと同じく、エルヴィンの社会は壊れました。
ひとりひとりが違うことと、それぞれが住む場所のマナーが違うことにエルヴィンは気づきました。
人間の世界のように、いろいろないろのものたちがいます。ダーク・エルヴィン、鮮やかな色のエルヴィン、緑、白、そして金色のエルヴィンです。
長い間、彼らは自分たちの色こそが他に勝っていると強く考えていたので、彼らは決別するようになりました。

その隔たりは非常に深かったので、この宇宙の美しい世界の中へと足を踏み入れて、彼らのそれぞれが彼ららしくいられる場所を探しました。しかし、彼らがあるものを見つけた時、何ということか、違う種類のエルヴィンも彼らに加わり、エルヴィンの世界は最も美しい光になりました。長い間、みなさんのように、彼らは進化をしました。
色が違うということに対する闘争など、もはやない社会を彼らが作り出すまでになったのです。
さらに、彼らは自分たちのことを虹の光の美しい調和だと思うようになりました。

そう、彼らはみなさんが進化しているのとまったく同じように進化し、そして争いはどんな物事の答えにもならないということに気付きました。彼らは平和を見つけました。
高く鳴り響く、パワーに満ち溢れた平和です。
エルヴィンの世界にはついに平和がもたらされ、彼らの心に平穏が戻ったのです。
わたしがみなさんに強く伝えたいことは、調和の光や平和、そして、みなさんに与えられた権利でもある成功を求めているという点で、みなさんも彼らと同じだということです。みなさんと同じく、彼らもまた仕えるためにここにいるのです。


ずっと昔、創造主の光の力の美しさは、命をもたらすことのできる別の惑星を探し求めていました。
光は、はるか昔に創り出されたこの地球を見つけたのです。
そこは鉱物の型や植物の型をつくりましたが、動物や人間の型をもたらす理由がありません。
美しさの全ての中に地球の次元がありました: きらめき流れる川、湧き上がる小川、雄大な森、美しい祖父の樹、なだらかな草原、巡りゆく季節-感覚を超えた旅。
それは、エルヴィンがみなさんのいる世界に移り住もうと決めたのは、その瞬間です。
昔はそれをリアリティやリアリ・タティと呼んでいました。
それが、いわゆる、エルヴィンがここに住み始めた時期なのです。



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-08-26 23:54 | チャネリング・メッセージ