ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

龍族の滅亡(2) ~龍族の歴史 古代期・後編2~

d0143056_7211381.jpg
(1)神殿の守護者『巨人龍族』
龍族の村は九州各地に点在していました。
いくつかあった龍族の村は大家族的な小さな集落で、過去生でご自分が龍族の統率者だったとお考えのかたは、これらの集落の要職のかたのように思います。

龍族の村には高床式の大きな神殿があり、この神殿は巨人の龍族が守っていた様です。
龍族の中でその数は少なく、ひとつの集落に数人しかいなかったと思いますが、神殿の守護者としていつも神殿のそばにいました。
宮崎アニメにラピュタのロボット兵というのがありますが、おもむきはあのような感じに似ている気がします。

(2)クリスタルの武具と処刑
龍族は現代人の感覚で言うと半神半人のような存在のため、一般的な武具では死にません。
そのため特定のエネルギーをいれたクリスタルの武具によって、戦いました。龍族や巨人龍族もこれらの武具で殺され、多くの龍族は火あぶりで焼き殺されました。
巨人龍族のように大きい身体の持ち主は、キリストのようにはりつけられたり、切り刻まれて燃やされたりしました。
猪のように、ちいさな杭にくくりつけられて縛られた龍族も多かったです。

(3)戦闘
龍族の要職はたいていが銀の集団がついていました。
そして銀の集団は人間との距離をどんどん縮めていこうとする蒼の集団を抑えようと、力による行使を行いました。
力による行使は光の意識ではなく、闇の意識と言えると思います。
宇宙の根源との強いつながりを持っていた銀の集団は、長く3次元世界にいすぎた為か、混乱をまねく行動をしてしまいました。
その力の行使とは龍族の龍の封印です。
全ての龍を封印したわけではないですが、蒼の集団の龍のほとんどは封印されました。
そして、そこから蒼の集団と銀の集団との争いが始まります。
このことは、銀と蒼の両方の集団にイザナギが巧みに近づき、そのように導いたと感じます。
そして、この頃の龍族は自然龍とのつながりが弱くなっています。
すべてではないですが、自然龍とつながれる龍族はとても少なくなっていました。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-03-28 07:19 | 龍族

龍族の滅亡(1)  ~龍族の歴史 古代期・後編1~

d0143056_0585780.jpg

龍族は実際に滅んではいなかったのですが、あまりに大規模な戦闘があったため、たくさんの龍族や人間が亡くなり、この時期から龍族の叡智も大きくゆがんでしまった事から、今回はあえて龍族の滅亡とタイトルをつけさせて頂きます。
この時代は龍族のかたの中から、比較的記憶がでてきやすい時期です。
いつもパートナーのMISA☆TOとお互いにサニワ(チャネリング・チェック)をしあいながら行うのですが、この章は、パートナーのチャネリングにとても助けられました。


この争いの時期は私はいまから5000年から8000年ほど前の話におもいます。
龍族と人間が交流を持つようになってから、一部の人間は龍族の集落に出入りし、龍族の叡智を学ぶようになりました。
そして、人間は龍族のように龍のエネルギーを利用して、自分たちなりの龍をつくりだす術を身につけました。
ただし、実際は人間というより、当時多くの人間が信奉していた日本神界の神『スサノオ』によっておこなわれました。

日本の神話は『古事記』と『日本書紀』という書物で語られていますが、これからお話しさせて頂く内容はそれらの書物とはことなることが多いようです。日本神界のお話は長くなるので、詳しくは違う機会に述べさせていただきますが、この当時はアマテラスとスサノオの間でとても大きな戦闘があり、そしてスサノオはこの戦闘で勝利したようです。
余談ですが、イザナギとスサノオは親子には感じないですし、スサノオとツクヨミは同じ存在にも感じます。そして、イザナミや宗像三女神に関しても誤解が多いようです。わたしは宗像さん女神はスサノオの娘ではないように思います。わたしは、宗像三女神はアマテラスの娘に感じています。

この当時、スサノオは日本周辺のエリアを平定しようと、さかんに活動していました。
スサノオは龍族との交流によって得た叡智により、戦闘にとてもむいたパワフルな龍をつくりだしました。
翼のある龍や、八俣の大蛇(やまたのオロチ)などはその例です。
スサノオによる八俣の大蛇退治はスサノオ(実際は当時ツクヨミという名前を名乗っていたようですが)による人心掌握のための計略だったようです。
アマテラスを倒したあとのスサノオにとって、日本を平定するための大きな障害は龍と龍族でした。
強力な龍と龍族を武力によって滅ぼすことは難しいと考えたスサノオは、龍と龍族を倒すためにひとつの計略を用いました。それは、龍族同士を争わせ、龍と龍族の力を弱らせてから滅ぼすというものでした。

当時、龍族はスサノオとスサノオの協力者であったイザナギの計略によって、ふたつに分断されました。
龍族は保守派である銀の衣をまとう者たちと
親人間派である蒼い衣をまとう者たちにわかれたのです。
黄金の衣をまとう者たちは、中立派でしたが、結局は争いに巻き込まれます。
スサノオの協力者であるイザナギは、龍族の両方の派閥に近づき、その両方から信任を得ると、言葉たくみに龍族を操り、やがて龍族は同族争いを始めました。

スサノオは龍族を滅ぼした存在であるため、龍族の要職についていた過去生を持つかたはスサノオを恐れ憎んでいました。おおくの龍族にするとスサノオは完全に悪役なのです。
私自身もスサノオが龍族滅亡の元凶のように思っていた時期がありましたが、なぜか私の中でなにかひっかるものがありました。

このことを高次元存在に相談してみると、宇宙から地球に送られてきた強力な神のひとりで、善や悪というものを超越したバランサーとして働くためにやってきた、太陽神のひとりのようです。
スサノオを Guardian Of Developmental Society(GODS:発展していく社会の守護神)だろうともいいました。
スサノオに関しては日本の近代宗教家のかたがたが研究され様々な文献を発表されていらっしゃるようですが、私はそのかたがたの研究書を拝見したことがないのでよく判りませんけれども、その方々はスサノオをとても特別な存在に扱っていたようにおもいます。
本来、善や悪という考えは、人間のエゴが生み出したものということもありますが、スサノオは日本神界でとても異質でとてもパワフルな存在で、単純に悪と表現できない存在であったとおもいます。
わたしはスサノオ信奉者ではないのですが、このことは納得できる内容でしたので、こちらでも発表させて頂きました。

今回はスサノオの話が多かったですが、次回はさらに龍族の滅亡を発表させてくださいね。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-03-20 00:59 | 龍族

エネルギー・オペレーション

d0143056_20275963.jpg
光のエネルギー・システム
多次元に存在する人間は、とても広範囲なエネルギー領域を持っており、その多次元エネルギーの使い方が、人生にとても大きな影響をあたえているとおもいます。
そして、私たち人間はこれら多次元エネルギーとアクセス(接続)するためのエネルギー構造を持っており、これを宇宙とご自分とをつなぐ《光のエネルギー・システム》とわたしは呼んでいます。
光のエネルギー・システムとはさまざまなエネルギー・ラインで形成された『人間というエネルギー体の設計図』のようなものです。

カルマ、霊障、封印などのあらゆるエネルギーブロックの影響は、これら光のエネルギー・システムをみると明らかです。

そして、これらの光のエネルギーシステムを調整することが
感情のコントロール
制限や自己封印からの解放

などに強く影響を与えることが判りました。


光のエネルギーシステムの修復と調整
レベル1 『発動』
頭と心のバランスを取り、ストレスを開放し、智恵や認識力の発達、感情のコントロールを容易にすることへと導きます。
セッション後は、いままで感じ取れなかった感覚や発想、インスピレイションがでてくると思います。

レベル2 『可能性の開花・発展』
宇宙の根源(創造主)がDNAに織り込んだ磁気暗号を整理することから魂の履歴を浄化し、現在の自分に制限を与えている過去のエネルギーを開放します。
このことによって、決断力を向上させ、意識の自立をうながします。
魂の過去の経験によって、現在の自分からうまれてくる感情を、自然に優しく開放します。

過去の経験によって縛られていたエネルギーを開放することにより、自らの可能性を開いていく力に変え、宇宙と繋がる事への進化が加速します。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
1クリックのご協力をお願い致します(^v^)

d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
by healing-seiryu | 2009-03-18 20:20 | ヒーリング

聖龍とMISA☆TO

私たちは愛にもとづいて生きる世界をつくります。

d0143056_21381572.jpg聖 龍(1月1日生)
カルマ、封印、霊障、霊的契約などのエネルギー・ブロックをはずし、魂が望む道をあゆむようにお導きいたします。
浄霊やヒーリングなどのご指導もいたしております。






d0143056_2138368.jpgMISA☆TO(12月25日生)
霊的な血族に生まれ、様々な霊的能力を発揮するシャーマニック・ヒーラー。
リーディングやチャネリング、ヒーリング、浄霊などのワークを行っております。
ブログ 不思議生活のススメ (http://plaza.rakuten.co.jp/rainbowdolphin3/)






d0143056_5432998.jpgスピリチュアルサロン聖龍


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング


Copyright © 2008 Spiritual-salon Seiryu. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-03-18 19:51 | プロフィール

龍族の龍 と 日本神界の龍

d0143056_21564544.jpg
龍族の龍と日本神界の龍について、ご説明させてください

簡潔に申し上げると
宇宙には龍の基になった『原初の龍エネルギー』が存在します。
その『原初の龍エネルギー』と
日本や中国の土地の波動と融合したものが
龍だとおもいます。
日本の龍はとても中国の土地の波動の影響をうけていると思います。

龍族は、本来自然の中に存在している自然龍と共に暮らしていましたが
やがて『龍族の龍』をつくりだします

はじめの頃はあまり交流がなかった龍族と人間でしたが、
やがて龍族は人間とも交流を結ぶようになり、
それがきっかけで『日本神界の龍』が生まれました。
この『日本神界の龍』は、正確に申し上げると日本神界の一部の神さまが生み出した龍のようです。

龍族関連のまとめはこちらをクリックしてください。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
たくさんの方とシェアするために、1クリックのご協力をお願い致します(^v^)


d0143056_6483919.jpg
Copyright © 2009 Healing Aashram. All Rights Reserved.
[PR]
by healing-seiryu | 2009-03-03 19:54 | 龍族