ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

覚醒 :霊障、カルマ、封印を外すことから

d0143056_3252283.jpg


わたしたちひとりひとりのスピリットはとても広大で、3次元世界(物質世界、目に見える世界)や5次元世界、6次元世界など、あらゆる次元世界に存在している多次元存在です
それぞれの次元世界には、それぞれの自分が存在しているのです

私は5次元以上の高次元世界に存在する自らのスピリットを“ハイアーセルフ”と呼び
3次元を担当しているスピリットを“魂”と呼んでいます

3次元存在(物質)ではない魂は、物質世界(3次元世界)に定着する(生活をする)ために肉体と融合します
魂は肉体を宇宙服のように着込むことで、物質世界に定着できるのです
3次元世界での定着を目的とした魂は肉体に入り込み【魂+肉体=人間】という存在として地上に降りてきます(生まれてきます)

この人間という存在は、物質世界(目に見える世界:3次元世界)に生まれて生活をしていくと、個体差はありますが数年で3次元独自の意識体をもちます
わたしはこの意識体を“心”と呼びます

心は、魂とは別に独自の意識(感情・思考など)を持ち、やがて心が肉体のあるじだと思いこんでしまいます
そして、心は人間という存在の中で魂を凌駕します(魂は心におおいつくされ、その活動を困難にされます)
私たちの多くが普段感じている意識――これこそが心です

これによって、目に見える世界(物質世界)の下では、心+肉体=人間という図式がなりたち、私たちの多くは、人間とは魂を除いた心と肉体による存在だと感じて生きています

しかし、魂は長い転生の旅(輪廻転生:生まれ変わり)を続けてきた中で、カルマ(業)ともいうべき多くの“心の闇”を作り出してきました
その心の闇は人間の心のさらに奥深くにある魂についた付着物として存在し、心の奥底から人間の心(感情・思考など)を操作し、時にはその肉体にも影響を与えます
そして、その魂の付着物がさらに暴力化すると、その人間の人生まで大きく影響を与えることがあるのです

心に影響が出た場合は、自分を改善したいのに改善できない状態や、うつ状態におちいったりなど、精神に影響があらわれ
肉体に影響が出た場合は、難病・慢性的な病気などの肉体疾患としてあらわれ
人生に影響が出た場合は、交通事故や家庭内暴力、不倫や経済的貧窮などあらゆる形で実生活に影響がでてきます

わたしはこれら全ての現象を《霊障》と呼びます
一般的にいう霊障とは、霊による憑依現象を指しますが、わたしはそれ以外にも、過去生(現在の人間になる以前のすべての過去の人生)や現在の人生でつくったカルマやトラウマ、そして霊的な封印や契約などをすべてまとめて霊障と呼んでいます

霊障や霊的な封印と契約のご説明は割愛させていただきますが、これらは、スピリット本来の輝きを妨げる《スピリットへのエネルギー・ブロック》という側面も併せ持っています

そのため、これらの全ての霊障を解決すると(カルマを解除し、スピリットが持つエネルギーをブロックを解除すると)、霊障という制約をなくした魂は本来の輝きを取り戻し、人間として生まれてくる前に設定していた《目的》を思い出し、その目的に向かって動き出します

私は、幸福というとても定義が難しい言葉は、魂が望む目的へと歩み達成することで得られるものだと感じています


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
1クリックのご協力をお願い致します(^v^)

d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2009-02-10 03:23 | 覚醒

高次元と4次元

d0143056_14462969.jpg


好奇心にもとづく行動には好奇心にもとづく結果しか生まれないとおもいます

最近よく
「霊的なものを、見たり聞こえたりできるようになりたい」
とか
「――そうならなくちゃいけないのでは?」
といったことを尋ねられます

これはとても大きな誤解にかんじます
見たり、聞こえたりするということは半物半霊の世界である4次元世界につながっているということです
4次元世界は波動があらい世界で、不成仏霊や悪霊、動物霊といった低級霊の巣窟でもあります
(※ 4次元世界の定義は、人によって様々ですからご注意ください)
見るとか、聞こえるということは肉体的(3次元的)な感覚ですから、
霊的なものが見えたり、聞こえたりするということは
自分のチャンネルが3次元に近い次元につながっている事にかんじます
そういう時は、知らないうちに動物霊や不成仏霊といった存在にちかづいているとかんじます
そう言った霊はいつも《神様》や《天使》や《聖獣や神獣》といた高次元存在のふりをして、近づいてくるとおもいます

5次元以上の高次元存在は3次元とは周波数がおおきく違うので、人間(3次元体)がもちいる眼球や鼓膜といった器官(3次元的器官)で、高次元の情報(波動)を感知するのは困難にかんじます
わたしは高次元の情報を感知するのは波動によるものだけだとかんじます

ですから、スピリチュアリティを受けいれられないかたはともかくとして、すでにスピリチュアリティに意識をむけられていらっしゃるかたは、もう『好奇心にもとづく行動』をひかえて、エゴではなく愛の奉仕に意識をむけられたほうが良いようにもかんじます
そういう方はもう不思議体験からは(4次元世界への関心からは)卒業されてよいとかんじます

ちなみに、4次元世界につながる事ができないと考えてしまっているかたは、元々とても高い次元存在の場合があるので、あえてそれを行わないように(人間として誕生前に)ご自分でプログラミングされていることが多いようです

ただ、だからといって4次元につながることが悪いことだとはおもいません
それは4次元につながることによる《お役目》というものがキチンとあるからです
それは、《物質世界しか理解できない人を、多次元の世界に眼をむけさせる》という立派なお役目です

目に見えるもの(物質世界)しか信じられないかたに、目に見えないものを理解していただくには、高次元につながった方法より、3次元的な方法(4次元につながっての方法)のほうがよりじょうずに伝ええられるとかんじます

目にみえるものしか感じられず、エゴやおそれ、物質主義、二元論といった3次元意識が強い方を導くには、守護霊が誰であるとか、前世や過去生はどうだとか、オーラは何色であるというところから入ってのが、スムーズなのかもしれません
好奇心にもとづく行動からは好奇心にもとづいた結果しか生まれませんが、それでもその時点では必要なことかもしれません
いつの時も、サポートはサポートを受ける存在に近い存在からおこなうものだとかんじます
ですからアセンションという名の、3次元世界のみんなの意識をあらためるというプロジェクトも、わたしたち人間自身がおこなっていくものだとおもいます

話をもどしますが、4次元につながることによって生まれるお役目というものは、とても大きな役目にかんじます

もちろん4次元につながっている方が、高次元とはつながっていないという事はないとおもいます
4次元世界は3次元に近い世界のため、愛をかすませる上っ面な愛(偽善)や、エゴにひっぱられる危険が高まるので注意は必要にかんじますが、愛をふかく感じながら(高次元につながりながら)、目にみえる世界しか受け入れられないかたがたを、見えない世界(3次元以外の世界)に意識を向けるお手伝いをされていらっしゃるかたもおいでとおもいます


追記
約半年経ってから自分で読み返しています
自分で言うのもなんですが、厳しい意見ですね(笑)

好奇心に基づいてあゆまれて、好奇心に基づいた結果が起こっても良いとは思います
すべて、そのかたのご成長に必要なプロセスですものね(^v^)



d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
1クリックのご協力をお願い致します(^v^)

d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2008-04-29 14:47 | 意識

《感情》と《意識》

d0143056_23545484.jpg


人間が生きていく上で、とてもやっかいなものがあると思います。
それは《感情》です。

多くの方々は、『判っているけど止められないご自分』をひとつやふたつはお持ちだと思います。
疑いたくないけど、疑ってしまう・・・
怒りたくないけど、怒ってしまう・・・
殴りたくないけど、殴ってしまう・・・
恐れたくないけど、恐れてしまう・・・
それらの《感情》をなだめようと試みても、いつも変われないご自分がいたり、変わろうとしないご自分がいる――といったご経験をされる方はとても多い様に思います。
《感情》は、自分という世界の中にある台風や大地震といった天変地異のようなもので、とても制御しづらいものだと思います。

そして、《感情》は人生にとても大きな影響を与えるものだと思います。なぜなら人間はとても感情に流されやすい生き物だからです。
感情に流されて、本来の自分の進みたい道を進めず、余計な学び(体験)を重ねて生きてく――かつての私はちょうどそんな生き方でした。

《感情》に流されて生きていると、自分の人生や周囲に対する《意識》もそれに伴って荒くなります。荒い《意識》の下では荒く重い体験や学びしか起こりません。
そして、感情に流される自分を何度も体験していると、流される度にボロボロの自分を体験するため、ボロボロに傷つく自分に慣れてしまい、もうどうなってもいいやと自分を大事にしなくなりました。
その結果、自分を大事にしなくなった為か、周囲も大事にしない自分が出てきました。そして、自分や周囲を大事にしない自分は、それに見合った行動をとり、自然とそれに伴った体験が自分に返ってきました。
そして、それらのいきさつを何ひとつ気がつかない自分がいました。
気がつかないから、それをさらに続ける自分がいました…
これを悪循環というのでしょうね――いま思えばこの悪循環も今の仕事を行うための大きな学びだったとは思いますが、思い出すと痛々しい30数年間でした。いまは楽になれてよかったですが

《意識》がすべてをつくるというのは、スピリチュアルでは有名な言葉ですが、本当にそうだと思います。
すべての《現象》は《意識》から生まれ、
すべての《意識》は《感情》から生まれてくると思います。

《感情》を制御するのは簡単な事ではないですが、魂の本来の輝きを取り戻すお手伝いや、魂の使命を目覚めるお手伝いを仕事としている私にとって、この《感情》や《意識》の改革のお手伝いをすることはとても重要なことです。

なぜなら、覚醒や魂の輝きを取り戻すには《意識》がその方のスピリットの自然な状態に戻る必要があるからです。

スピリットの自然な状態。
必ずしもではないですが、子供の頃の自然な感情や感覚がそれを教えてくれる時があります。
自然や子供のころの純粋な気持ちに回帰することは非常に大事なのではないでしょうか。
私たちの多くが失った大事な感覚、よけいな《感情》や《意識》があれば、大事な《感情》や《意識》があると思います。
そういったものを取り戻す作業は、私の仕事でとても重要なものです。

今日は、私がなぜ【魂の3次元解除】と【多次元意識コネクション】といった《感情》や《意識》を改善していくためのワークをするようになったか、ちょっと気がついた一日でしたので、記念に書かさせて頂きました。

いつも大きな気づきを与えてくださる方々に感謝し、これからも私の魂が望む体験をどんどんしていきます。


d0143056_730385.gif人気ブログ・ランキング
1クリックのご協力をお願い致します(^v^)

d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2008-02-28 23:56 | 意識