ブログトップ

聖龍

seiryuroom.exblog.jp

☆意識☆

d0143056_8295865.jpg


会社員時代、上司からよく言われた事があります。

何を伝えるかより
どう伝えるかが重要なんだ――と。

ちなみに今のわたしの生き方はこうです。

何を行動するかより、どういう意識で行動するかが重要です。

d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2010-01-15 08:27 | 意識

☆信じること☆

d0143056_8254943.jpg


愛による調和の道をたどる上で

愛することと同じくらい、必要なことに信じることがあるのではないでしょうか?

この信じるとは

知人から聞いたウワサや、マスコミなどの情報といった周囲からの情報のことでしょうか?

それとも、ご自分や周囲、世界全体がやがて愛に満ちていくと信じることでしょうか?

ご自分を責めているご自分にに対し
ご自分を信じる気持

ご自分に危害を加えてくる人間に対して
やがて理解してもらえると信じる気持

これらはとても重要ではないでしょうか?

わたしは全ての存在は愛という原料に
よって創られていると信じています。
ですから
全てが愛によって創られているのであれば
全ては愛によって調和されると信じているのです。

ただ、愛するには、愛する対象に対して『愛に満ち溢れることになる』と信じる事は、とても重要に感じます。

愛することは、信じることから始まるのではないでしょうか?

それは、ご自分の周囲や、ご自身に対しても――

愛と共に
聖龍


d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2010-01-15 08:24 | 意識

新しい解放の方法


d0143056_2351168.jpg
これはあくまで私個人のリリース(解放、手放す)のしかたですが、よろしければ参考になさってくださいね♪

私たちに、
手放したいもの
解放したいもの
卒業したいもの

などがあるとき、それらをどう処理していけばいいのでしょうか?

細かい方法は書ききれないので、簡単に申し上げると
『リリースしたいポイントの、逆のものに焦点をあてる』
ことだと、おもいます。

たとえば、ご自分の不安感や怒り、あらゆるトラウマなどを手放したい時は、それらの元になっているもの――つまり恐れというネガティブな意識――の逆のものに焦点をあてていくと、自然に無理なくリリースしていくという方法です。

まとめてしまうと、トラウマなどあらゆる問題の元は『恐れ』なので、その逆である『愛』に焦点をあてていきましょうという事です。

つまり、ご自分の愛をクローズアップしていくことにより、ご自分の問題点が自然と薄れていき、やがて消滅していくという方法です。

この場合の『愛に焦点をあてる』とか『愛をクローズアップする』というのは、愛を研究し、実践していくことだと思います。
愛とは、無償の奉仕であり、幸福感の創造に感じます。


急ですが、ここからチャネリングがはじまりました――

そして、きづいてください。
みなさんは様々な目的をもって地球に生まれてきましたが
『自分を癒す』
こともそのひとつであるという事を。
ご自分を癒して行きながら、周囲へのあらゆる癒しや愛の行為を拡大なさってください。

宇宙のすべては、『愛』によってつくられています。
すべてが『愛』という材料によって、できているのです。
ご自分の愛を発動し、その愛によって周囲の愛をよびおこし、愛の連鎖を広げていってください。

その先には、他人であり、同じ存在であるみなさんが望む世界が待っています。
ヴェールという幕を自らの手で開けてください。

開けるとは
すべてを愛にもとづいて行ってください。
いまのご自分の意識や感情、計画、行動は愛に基づいていますか?
それとも、みなさんが手放したいものに基づいていますか?

みなさんの未来は、みなさんが何に基づいているかによって、創造されるでしょう。

愛に基づき、愛を創造なさってください。


――メッセージは以上ですが、わたしは愛にフォーカスすることによって、自分の浄化や霊的成長を進めてきたと感じています。

だから、みなさんにもお勧めさせていただきます

愛と共に
聖龍


d0143056_2257151.jpgヒーリング アシュラム


Copyright © 2009 Healing Aashram.
All Rights Reserved.

[PR]
# by healing-seiryu | 2009-12-20 23:51 | 意識